連休中の暇な1日を有意義に過ごそう!電車で行く日帰りお出かけプラン5選(Photo by nenetus/Fotolia)

写真拡大

【女子旅プレス】楽しかった連休も残すところあとわずか。そんな連休中にぽっかり空いた、なんの予定もない暇な1日。今からじゃお出かけなんか到底ムリ…と諦めるのはまだ早いですよ。過ごす場所次第では、暇な1日も充実した休日に変えることができます。そこで今回は、関東近郊で1日の休みを有意義に過ごすための5つのプランをご紹介。

【さらに写真を見る】連休中の暇な1日を有意義に過ごそう!電車で行く日帰りお出かけプラン5選

♥都内の遊園地でアトラクションを満喫


家族や友達とのお出かけにも、恋人とのデートにも使える鉄板のレジャースポットといえば遊園地。

他県の大きな遊園地まで行こうとすると、どこも渋滞する中を車で出かけることになりちょっと面倒ですよね。

連休中は電車で気軽に行ける都内の「としまえん」、「東京ドームシティアトラクションズ」、「東京ジョイポリス」、「浅草花やしき」などの遊園地を選んで、丸1日アトラクションを遊び尽くしちゃいましょう。

♥お馴染みの人気作品の歴史に触れるミュージアムへ


子どもの頃に、テレビや本でよく目にした映像作品やマンガに関するミュージアムで、改めてその作品の魅力に触れてみるのもいいかもしれません。

「サザエさん」の作者・長谷川町子先生の漫画原画などを展示する、桜新町の「長谷川町子美術館」、ジブリファンにはたまらない「三鷹の森ジブリ美術館」、ドラえもんの作者である藤子・F・不二雄先生の作品を展示する「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」、2016年に六本木にオープンしたばかりの「スヌーピーミュージアム」あたりなら、作品のマニアでなくてもきっと楽しめるはずです。

♥風が気持ち良いテラス席でのんびりブランチ


春夏の連休シーズンは、穏やかな日差しが気持ちよいテラス席で食事をするのにちょうどよい気候。

「ホテル日航東京」のラウンジ&シャンパンバー「ベランダ」や、醸造所を併設したクラフトビアバー「T.Y harbor」、神楽坂のイタリアンレストラン「CANAL CAFE」のテラス席は、爽やかな風を感じながら美味しい食事とお酒を堪能できるのでデートや女子会にもおすすめです。

ちょっと変わった場所だと、豊島区の「金剛院」境内には「赤門テラスなゆた」というカフェがあり、緑豊かなテラス席で「本日のお寺ごはん」という身体に優しいセットメニューを味わえます。

♥横浜中華街で食べ歩き


みなとみらい線の電車で少し東京から離れて、日本一の中華街、横浜中華街で食べ歩きするのもおすすめ。

異国のような雰囲気の大通りで、肉まんやタピオカドリンク、マンゴースイーツなど気になるものをお腹いっぱい食べ歩いたら、帰りは自分へのおみやげ探しも忘れずに。

♥遊び疲れた身体を日帰り温浴施設で癒やす


連休中あちこち出かけて遊び疲れたなら、女性に人気の日帰り温浴施設でリフレッシュして、休み明けに備えて英気を養いましょう。

池袋の「サンシャインシティ」前に建つ「Times SPA RESTA」、24時間営業している新宿の「Le Luck Spa Shinjuku」、歌舞伎町ど真ん中の「テルマー湯」は、施設自体も綺麗で、湯上がりのアメニティも充実しているので女性客からの評判も高くおすすめです。

いかがでしたか?

今回ご紹介した場所は、どこも電車で行けて日帰りでさくっと出かけられる場所ばかり。連休こそ友達や恋人と予定を合わせやすい時期なので、今回ご紹介したプランを参考に楽しい思い出作りに出かけてみては?(女子旅プレス/modelpress編集部)

※記事は女子旅プレスの調査及び主観に基づくものであり、店舗のサービスが保証されるものではありません。