『教授のおかしな妄想殺人』ポスター (C) 2015 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.

写真拡大

ウディ・アレンが監督・脚本をつとめる最新作『教授のおかしな妄想殺人』の予告編とポスターが解禁となった。

[動画]解禁となった映画『教授のおかしな妄想殺人』予告編

本作は、人生の意味を見失い、慢性的に孤独な無気力人間になってしまっていた哲学科教授のエイブが、悪徳判事の噂を耳にし、自らの手でその判事を殺すという完全犯罪に夢中になった途端、人生が色鮮やかに彩られ、身も心も絶好調になっていくというダークコメディ。一方、エイブに好意を抱く教え子ジルは、彼の頭の中におかしな妄想殺人が渦巻いているとはつゆ知らず、燃え上がる恋心を抑えられなくなっていく。

主人公の哲学科教授エイブ役をホアキン・フェニックス、教授に惹かれていく女子大生ジル役をエマ・ストーンが演じる。

解禁となった予告編に描かれているのは、何をするにも憂鬱そうな大学教授のエイブと、その教授に「複雑な男性って興味深いわ」「あなたは絶望を患ってるの」と好意を抱いている様子の教え子のジル。ところが、ある日突然、何が起こったのかエイブが元気もりもりに! 「今朝はやけにエネルギッシュね」と人から言われ、朝から食欲も旺盛。はては、1年前から不能だったアレも復活し「まるで野獣よ」との褒め言葉をもらうまでに!

はたして、教授の妄想殺人と恋の行方はどうなっていくのか? 『教授のおかしな妄想殺人』は6月11日より丸の内ピカデリーほかにて全国公開となる。

【関連記事】
ウディ・アレン新作は殺人を妄想する大学教授と彼に恋する教え子の物語
77歳にしてこの軽やかさ! 老いてますます盛んなウディ・アレンに脱帽
40作目が間もなく公開! 75歳になったウディ・アレンが、映画作りの苦労を語った
ウディ・アレン監督の新作ロマコメに、仏大統領夫人が出演!