2日、中国の女優ヴィッキー・チャオが監督を務める2作目の映画「沒有別的愛」が、豪華なスタッフ陣と出演者をそろえている。写真はヴィッキー・チャオ。

写真拡大

2016年5月2日、中国の女優ヴィッキー・チャオ(趙薇)が監督を務める2作目の映画「沒有別的愛」が、豪華なスタッフ陣と出演者をそろえている。中国時報が伝えた。

【その他の写真】

映画「レッドクリフ」や「夜の上海」などで知られる人気女優ヴィッキー・チャオ。13年の映画「So Young 〜過ぎ去りし青春に捧ぐ〜」で監督デビューしたが、中国だけで興行収入7億元(約115億円)を突破し、大成功を収めた。

注目の2作目が、今年3月にクランクインした「沒有別的愛」だ。映画の原作は、中国で生まれ育ったドイツ人女流作家イングリート・ノルのサスペンス小説「Der Hahn ist tot」。前作の青春ドラマとは全くテイストの違う作品になる。

先月末に発表された出演者の顔ぶれは非常に豪華だ。映画監督としても成功している台湾の俳優レオン・ダイ(戴立忍)、中国で「舞台劇の女王」と呼ばれるユエン・チュアン(袁泉)、映画「ラストエンペラー」などで知られる国際派女優ジョアン・チェン(陳沖)、中国の国民的女性歌手ハン・ホン(韓紅)、さらに日本から水原希子が出演する。

スタッフの顔ぶれも出演者に負けないほどの大物ぞろい。ジョン・ウー(呉宇森)やアン・ホイ(許鞍華)ら名監督の作品を手掛けてきたリー・チアン(李檣)が脚本を担当。映画「スプリング・フィーバー」で台湾金馬奨の最優秀フィルム編集賞を受賞したツォン・ジエン(曾剣)が撮影指導するなど、トップクラスのスタッフが支えている。(翻訳・編集/Mathilda)