日本人はマナーが良く、ルールを守る国民性と言われる。公共の場所でタバコを吸わないこと、ゴミをポイ捨てしないことなどは、もはや日本人なら誰でも知っているルールであり、多くの日本人がこうしたルールを守って生活しているだろう。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日本人はマナーが良く、ルールを守る国民性と言われる。公共の場所でタバコを吸わないこと、ゴミをポイ捨てしないことなどは、もはや日本人なら誰でも知っているルールであり、多くの日本人がこうしたルールを守って生活しているだろう。

 こうした日本人の国民性は中国でも高く評価されており、中国人旅行客が日本を訪れるたびに中国とのあまりの違いに驚くというが、逆に日本での暮らしに慣れていた中国人が中国に帰国すると、中国のあまりの酷さに驚くこともあるようだ。

 中国メディアの騰訊はこのほど、中国人の民度の低さは「最悪の水準に達してしまったのか」と嘆く記事を掲載。日本では到底ありえないことが中国では日常的に見られることに驚きを示しつつ、中国人の民度について批判する記事を掲載した。

 記事は、中国人の民度を示す事例を2つ紹介している。1つは上海で行われたカンファレンスでの出来事、もう1つは同じく上海で行われた公益活動の場での出来事だ。カンファレンスは上海商業界のエリート層が出席して行われたものだが、カンファレンスの終了後は出席者が残したゴミや資料が乱雑に放置されたままだったという。

 また、上海で行われた公益活動はマラソンをしながら募金を募る活動だったようで、雨が降るなか多くの人が50キロを走り、恵まれない子どものために多くの募金を募ったようだが、参加した人たちは活動が終わるとゴミや雨ガッパ、タオルを道路に投げ捨てていたと伝えている。

 記事の筆者は、日本から中国に帰国したばかりだったようだが、こうした中国での有様を見て「中国と日本の差はあまりにも大きい」と指摘。日本ではゴミ箱などなくとも、人びとは自分のゴミは自分で処理していると指摘する一方、中国では上海という国際都市であり、中国のなかでも洗練された人が住んでいるはずであるにもかかわらず、日本人の民度には到底敵わないのが現状と嘆いた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)