1日、岸田文雄外相はタイを訪問し、ドーン・ポラマットウィナイ外相と会談。南シナ海問題の解決は国際法に基づくべきと発言した。写真はタイ・バンコク。

写真拡大

2016年5月2日、RFI中国語版は日本の外相がタイを訪問し、中国をけん制したと伝えた。

岸田文雄外相は1日、中国から移動しタイを訪問した。ドーン・ポラマットウィナイ外相と会談し、中国の軍事拠点構築を念頭に南シナ海の紛争は国際法に基づき平和的に解決するべきだと発言した。

同外相は2日はバンコクのチュラロンコン大学で講演し、メコン川流域5カ国を対象として、きめ細かな支援を目指して協議体を創設する方針を表明した。高品質のインフラ建設や人材育成で援助するという。(翻訳・編集/増田聡太郎)