(左から)ハローキティ、パディントン、エヴァンゲリオンに変身したひつじのショーン

写真拡大

 名作クレイアニメーション「ひつじのショーン」がハローキティやパディントンに変身し、大型オブジェとなって東京・渋谷に登場。アート&チャリティプロジェクト「Shaun IN SHIBUYA」の一環で行われるもので、デザイナーや漫画家など29組がデザインした総勢30匹が5月5日からお目見えする。

【写真】シュガルーンに変身したショーンなど17モデルをチェック!

 英国発の同プロジェクトは、「アートを通じて子どもたちを幸せにする」というコンセプトのもと、今回日本に初上陸。映画監督・庵野秀明や漫画家・安野モヨコらがデザインした世界に1匹だけのショーンが、渋谷のさまざまな場所に登場する。展示終了後、ショーンの大型オブジェはオークションにかけられ、日本の子どもたちのために活用される予定。

 キティやパディントンに扮したショーンや、カラフルに彩られたものなどとってもキュート。GWは世界で1匹のショーンを探しに渋谷の街をぶらぶらしてみては?

【詳細】
「Shaun IN SHIBUYA」
展示期間:2016年5月5日〜5月22日
展示場所:渋谷、表参道、原宿、恵比寿、代官山
展示数:30匹