タイガ、愛車ランボルギーニを回収される?

写真拡大

タイガは愛車ランボルギーニを回収される可能性があるようだ。

約3900万円の負債

2013年モデルのランボルギーニ・アヴェンタドールを所有するタイガはチョイス・モーター・クレジット社に35万7350ドル77セント(約3900万円)の負債を抱えているといわれており、その支払いを行わなかったことから、このほど同社からこの高級車の返還を求められているとTMZは報じている。

タイガは今年2月にも同社によって2014年型ベントレー・ミュルザンヌを回収されており、同社によってその車が売却されたにも関わらず、差額の9万1000ドルの負債が残る結果となっていた。

これまでもタイガには金銭的なトラブルがみられており、恋人カイリー・ジェンナーの近く住もうとカラバサスにある1000万ドル(約11億円)の8寝室を要する豪邸を購入しようとしていたが、いざ最終の購入契約となると言い訳をして締結とならず、購入には至っていなかった。

さらに、共演したダンサーのアリソン・ブラウンさんが、タイガのミュージック・ビデオの1つを撮影中にお酒を飲まされ、強制的に上半身を裸にされたうえに、セットにいた男性から胸を触られたとし、その場の責任者であったタイガを相手に訴えていた件については、5万ドル(約545万円)の支払いで合意に至っていたが、タイガはその半額しか支払わず、結局裁判所から残りの2万5000ドル(約273万円)と弁護士費用1万6000ドル(約175万円)を支払うよう命じられる結果となっていた。

また、1万9000ドル(約207万円)の税金滞納、大家へは7万ドル(約760万円)の家賃滞納があるとみられている。

Written&Photo by bangshowbiz