なんともクレイジーなスカイダイヴィングの動画

写真拡大

パラシュートを使ったダイヴィングの一種「スウーピング」。その目的は、できるだけ速く降下して、地面スレスレをできるだけ速く、あるいはできるだけ遠くまで飛ぶことにある。

Watch this on The Scene.

「スウーピング(swooping)」や「キャノピー・ジャンピング」、「キャノピー・パイロッティング」などと呼ばれる、高性能パラシュートを使ったこのダイヴィングの目標は、できるだけ素早く降下して、地面から数cm上をできるだけ速く、あるいはできるだけ遠くまで飛ぶことにある。

「なんともクレイジーなスカイダイヴィングの動画」の写真・リンク付きの記事はこちら

ジニー・バーソロミューやその夫のカートのようなトップ選手は、高度5.500フィート(約1,680m)から飛び降り、およそ5.9平方メートルのパラシュートを広げる。普通のスカイダイヴァーの多くが、1万3,000フィート(約3,900m)の高さから、この4倍の大きさのパラシュートを背負って飛び降りていると知っていれば、この行為は紛れもない狂気のように聞こえるだろう。

一流のダイヴァーともなれば、地面スレスレをかすめるようにして、時速128〜160kmで飛ぶこともできる。

スウーピングの競技には3種類ある。できるだけ速く降下する「スピード」競技(スキーの滑降だと思ってほしい)や、できるだけ遠くへ飛ぶ「ディスタンス」競技(幅跳び)、そして指定された場所に着地する「ゾーン・アキュラシー 」競技(スキーボール:ボールを3mほど先の的へ投げて得点を競い合うアーケードゲーム)だ。どの競技も、コントロールの正確さ、素早い反応、そして山ほどの勇気が必要であり、非常に高度な技術でパラシュートを操作する。

RELATED

ジニーもカートも、足、つま先、手、指、肋骨を折り、二次救命処置(ALCS)や多数傷病者への医療対応(MCLS)が必要になるほどのケガをしてきた。コブや擦り傷などの生傷は常に絶えることがないという。

「時速160kmで地面スレスレを飛ぶスリルは最高よ」とジニーさんは言う。「正確にねらった場所にパラシュートを操作することも本当に楽しいわ」