写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●本格的なVRを家庭で楽しめる時代がやってきた
日本科学未来館では4月29日、同館の企画展「GAME ON〜ゲームってなんでおもしろい?〜」の関連イベントとして、ビジネス、コンテンツ、研究分野の3名の専門家をゲストが、テクノロジーとエンターテイメントの未来について語るシンポジウム「テクノロジーとエンターテイメントのスリリングな未来」を開催した。ここでは、その時の様子をレポートする。

同シンポジウムでは、ロボット研究者・工学博士・大阪大学教授の石黒浩氏、クリエーター・ゲームデザイナー・慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科特任教授の水口哲也氏、そしてソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE) ワールドワイド・スタジオ プレジデントの吉田修平氏の3名が登壇。日本科学未来館 展示企画開発課 課長の内田まほろ氏がモデレーターを努めた。

最初に内田氏が「ゲームはエンターテイメントのみならず、テクノロジーとともに進化を続けていく、実世界との境界を越える未来のメディアだと考えている」と述べ、今回のイベントの趣旨について「ビジネス、エンターテイメント、研究という異なる分野で活躍するゲストとともに、人間とテクノロジーとの関係や未来について語るもの」と紹介した。

○VRはコンテンツも埋め込みやすく、クリエイターの制約をも解き放つ

最初のテーマは「VR(バーチャルリアリティ)」について。まずは水口氏が「"VR"という言葉は今年から急に色んなところで使われるようになったが、実は25年ほど前からある言葉で、さまざまな技術の進歩によりようやく実用化され、我々の生活の中に入ってきそうな雰囲気が出てきた」と説明した。

続いて吉田氏が、今年10月に発売予定の「PlayStation VR」を開発した経緯を語った。それによれば、5年前の2011年に「PlayStation Move」コントローラーをヘッドマウントディスプレイに装着し、PS3につないで「簡易的なVR」を実現していたとのことだ。しかし当時のPS3では技術が足りず、「より高性能なPS4の時代になれば、VRを実現できるのでは?」という考えから、本格的な開発がスタートしたという。吉田氏は、「VR関連の仕事は、毎日新しい発見があり、楽しくて仕方がない。20年以上前から存在するVRが、家庭でも本格的に楽しめる時代がようやく訪れた」と嬉しそうに語った。

また、石黒氏は1996年に全方位ディスプレイを使ったVRの研究に取り組んでいたもののコスト的な面で普及には至らなかったことを明かしたうえで、今でもヘッドマウントディスプレイを使うVRよりも全方位ディスプレイを使う方が自然だと考えていると述べるとともに、「将来は脳に刺激を与えて、見えたような気分にするものが開発されるのではないか」と語る。PlayStation VRについては「こうした製品がいつかは出てくると思っていた」と述べ、「コンテンツも揃ってきたし、埋め込みやすい」、「2次元の世界、3人称視点で表現していた従来のゲームより、直接的な脳への刺激に近づいている」と認めた上で、「現実世界とは若干の差異があるため、それを補うような表現手段が見つかれば、爆発的に普及する」との考えを語った。

さらに水口氏は、VRの登場により今までクリエイターにとっての最大のフラストレーションであった「表現を四角い画面内に収める」という制約から解放されることで「イメージをダイレクトに反映でき、かつ3Dで表現できることは、クリエイターにとって大きなイノベーションをもたらすのではないか」と語った。

ここで、「ヘッドマウントディスプレイでは自分の手足が見えなくなる」という違和感について石黒氏が言及すると、吉田氏はレースゲームなどでは今でもゲーム画面と手や足の操作が同期すると説明。水口氏が手足の表現が上手くいけば、次は"触覚"が欲しくなるとし、自身が開発している全身にバイブレーションを装着した「シナスタジアスーツ」を紹介。今後のVRは、現実をリアルに模倣する"超現実"と抽象的な世界を表現する"超非現実"という、2つの方向性に両極化するのではないかと予想した。これは、コンピューターグラフィックスに対しても古くから同様のことが言われていたという。

○人間酷似型ロボット(アンドロイド)も「VR」の一種

さらに石黒氏は、自らが開発した人間酷似型ロボット(アンドロイド)も「VR」の一種であると述べた。PlayStation VRが「その人の周りの世界が変わるもの」であるのに対し、アンドロイドは「現実の世界にバーチャルなものが登場するもの」と真逆の存在であることに言及し、「これらを上手く組み合わせれば、双方向での仮想世界を実現できるのでは」と述べた。水口氏からの「アンドロイドと、人工知能(AI)、VRが組み合わさるとどんなイメージが浮かぶか?」という質問には、「ロボットやアンドロイド、AIを作るには、人間が想像を引き出すためのミニマムな条件が重要だが、ゲームについても同じことが言える」とし、「PlayStation VRでリアルな視界に近づいたが、ゲームとAIが繋がればよりインタラクティブになってストーリーも複雑になる」と語った。さらに「人間は選択肢が与えられなければストーリーを創造しにくく、その中で満足感を得られるように作られているのがゲームであり、そのためにAIの技術を活用すれば、もっとのめり込みやすい技術ができると思う」と語った。また、吉田氏がアンドロイドとの会話で不自然さを感じたエピソードを話すと、石黒氏はその理由について「AIの技術が追いついてないことと、人間の脳内活動(感情)の読み取りまで研究がおよんでいないこと」を挙げた。

○「VR」と「AR」が融合している未来が訪れる!?

水口氏は、VRの今後の進化について「現在の技術進化のスピードからすると、10年後ぐらいには、ヘッドマウントディスプレイ上のVRがAR(拡張現実)と融合している未来が訪れるのではないか」と予想を語ると、吉田氏は「VRの開発に携わる関係者は、VRの中に現実のものを取り込んで触れることや、現実の世界には存在しないものをARを使ってVRで表示するといったことの実現を目指している」と明かした。水口氏は、「血しぶきが飛び散るような残忍なゲームでもこれまでは誤魔化せたが、VRの登場で誤魔化せない領域に入り始めてきた」と語り、「クリエイターのモラルやプレイヤー側のルールが必要となる」と指摘したうえで、「これからは人を撃ったら大変なことになり、気軽に銃の引き金を引けなくなる。さまざまな議論や覚悟が必要だ」と述べた。吉田氏は「VRの面白いところは、ほかの人の視点になってその人の体験ができること。弱者の立場になったバーチャル体験のできるアプリケーションを作っていきたい」と述べた。

●登壇した3名の専門家が望む"10年後の未来"は?
○VRを活用した「ストリートビューの進化版」の登場も近い!?

ここからは、それぞれの登壇者が「10年後の未来がどうなっているか」を語る時間だ。吉田氏は「10年と言わず近い将来に実現しそうなもの」として、ある場所で全方向に300枚程度の写真を撮影した視差データからその場所を立体的なCGで再現し、ヘッドマウントディスプレイを装着して、その中を自由に動き回ることができる、VRを活用したGoogleストリートビューの進化版のような技術を紹介。世界中のスマホユーザーが撮影した写真データをGoogleがデジタル化し、ユーザーが世界中のさまざま場所に疑似的に移動して、その場所を動き回れるようなVR体験を実現できるそうだ。

次に、水口氏は「好きな時に好きな場所で好きなことをやっていられる未来」を予想した。同氏は"量子化"というキーワードに着目しており、20年後には「インターネットのおかげで量子化の時代になった」と実感できるのではないかと語る。通貨の転送経路などを可視化できる「ブロックチェーン」のようなものを例に挙げ、このようなものが進化してVRと融合すると、面白い未来になると語った。

また、石黒氏は未来のVRについて「ヘットマウントディスプレイではない次世代のものが出てくる」と予想しながらも、「やはり人間はストーリーがすべて。何か行動をしないと自分のストーリーにはならない」と断言。これは実際に行動しないと経験にならないという意味ではなく、「無理を無理と思わない世界」、「無理をすることなく、VRでの体験が自分の経験(ストーリー)になるようなもの」の登場を願っていた。

○VRは、普段できないことを体験できるツール

ここからは、このイベントに参加した子どもたちから寄せられた質問に、登壇者がひとりずつ答えるコーナー。最初に吉田氏への「VR依存症の心配はないでしょうか?」という、子どもらしからぬ質問が読み上げられ、会場の笑いを誘った。吉田氏が質問した少年に「VR依存症が心配ですか?」と尋ねると、少年は「周りの人がゲームに依存している」という。吉田氏は「VRは普段出来ないことを体験したり、あまり行けない場所にも行ったりできるので、"普段の生活より楽しい"と思う人がいっぱい出てくるでしょう。そうなると依存症は起こり得ると思いますが、やり過ぎは良くないので、そういった人がいたら注意してあげて下さい」と回答した。「逆に、依存症をなくすためにはどうしたらいいと思いますか?」との問いかけに対し、少年は「学校で教育すればいい」と即答し、再び会場に笑い声が響いた。

次に、水口氏への「どうしてゲームを作るのですか?」という質問。水口氏は苦笑いしたあと、「ものを作って表現したいというクリエイターとしての純粋な気持ちです」と回答。「映画や音楽などは"ある程度完成されたもの"であるのに対し、ゲームは"完成されておらず常に進化し続けているもの"なので、技術の進化に応じて常に新しい体験をデザインできる」とし、「それを日本のみならず、世界中の人に届けられるのがたまらなく楽しいから」と説明した。さらに「ゲームには映像や音楽、体験、さらにはキャラクターやストーリーなども含まれていて、クリエイティブを発揮できるものとしては最高峰だと思います」と語った。

最後は、「リアルとバーチャルの境界はどこでしょうか? 人間とアンドロイドの境界は?」という石黒氏への質問。この疑問を投げかけた少年が「アンドロイドや仮想世界は現実の人間や現実世界にはなりきれないと思います。なぜなら古代から受け継がれている血脈やスポーツ選手の決意、芸術家の彫刻などは少しずつ作り上げられるものなのだから」と述べ、「リアルとバーチャルの境界が存在する」という自らの考えを明かすと、石黒氏は「映画を観て、どこがCGでどこが実写か判別できますか?」と答え、「VRの技術が"人間の感覚"に追いついてきて、その境界が曖昧になってきている」と語った。さらに「お酒を飲んだり年老いたりすると、何がリアルで何がバーチャルなのかわからなくなるんですよ」とつぶやき、来場者を笑わせた。

トークの最後は、登壇者の「今後期待していること」について、ひと言ずつコメントした。水口氏は子どもたちに向けて、「ゲームでもアンドロイドでもいいから、何かものを作ったり表現したりすることに積極的になって欲しい」と伝えた。また、石黒氏は「プレイすればするほど思い入れが強くなり、自分のストーリーを見つけられるようなVRを作ってほしい」と、吉田氏と水口氏に対して懇願した。そして吉田氏は「人が色んな経験をするには時間やお金が掛かるが、VRを使うとさまざまな経験ができるようになり、それが楽しい世界や人の気持ちが理解できる優しい世界になっていきます。皆さんもぜひVRの世界を体験してください」と各々の思いを伝え、トークを締めくくった。

(早川厚志)