1日、重慶晨報によると、団体ツアーでニュージーランドを訪れた60代の中国人女性が家庭内の問題を理由に姿をくらますという騒ぎが起きた。写真はニュージーランド。

写真拡大

2016年5月1日、重慶晨報によると、団体ツアーでニュージーランドを訪れた60代の中国人女性が家庭内の問題を理由に姿をくらますという騒ぎが起きた。

重慶市出身のこの女性はSNS上にツアー離脱を決意した理由を投稿しており、その一つとして挙げたのが「夫の態度が冷たいから」。ツアーを担当したガイドは女性の行方を捜すと同時に現地の移民局に通報、「女性の家は裕福だし、一時の気の迷いだろう」「他のツアーガイドが女性を見つけるようなことがあれば自分から移民局に連絡を取るよう説得してほしい」と話している。

同市では、2010年にも市内の旅行会社が主催した韓国ツアーの参加者2人が現地で姿をくらますという問題が起きた。警察関係者は「団体ツアーで海外に行く人が途中で勝手に離脱することは認められない」と説明、現地で不法滞在した場合の代償は大きいと注意を呼び掛けた。(翻訳・編集/野谷)