日本では軽自動車は実用的で燃費も良いとして人気が高い。だが、中国では自動車は所有者の地位や立場を示すツールであり、さらに中国人は何でも大きいものを好む傾向にあるため、軽自動車はあまり人気がないのが現状だ。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日本では軽自動車は実用的で燃費も良いとして人気が高い。だが、中国では自動車は所有者の地位や立場を示すツールであり、さらに中国人は何でも大きいものを好む傾向にあるため、軽自動車はあまり人気がないのが現状だ。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本人が好きな軽自動車のなかには「外観がとても醜い車種がある」と主張、中国人の視点では日本の軽自動車は醜く映ると主張した。

 記事は、日本の複数の軽自動車の写真を掲載しつつ、外観が醜い自動車として紹介している。この主張は反日感情に基づくものでなく、ただ感じたことをそのまま表現しているようだ。実際、日系車は中国人に愛されており、価格が手ごろで低燃費であるところが良いと称賛しており、特にインフィニティは良い車であると主張している。

 だが、中国人の審美眼からすれば軽自動車は醜く映るようだ。事実、中国では軽自動車はあまり売れていないが、メンツを重視する中国人にとっては軽自動車ではメンツが立たないという考え方なのだろう。また、中国でも核家族化が進んでいるものの、それでも一族の数が多い中国では家族総出で自動車に乗る場合、軽自動車では乗りきれないという現実的な問題を指摘する声もしばしば聞かれる。

 記事に対しては多くのコメントが寄せられており、軽自動車は「実用的」であることを認める意見が多く見られた。また、とても個性的であるという意見も多く、内部空間が広く、排気量が小さく低価格であるため実用的であるというコメントもあった。日本の軽自動車は外観が醜いと主張するコメントもあったが、そのあとに実用性の高さを付け加えて評価する意見が多かった。

 この記事にネットユーザーたちが寄せた120以上のコメントのうち、日本と中国の歴史問題を取り上げて日本製品を批判するものは見受けられなかった。日本に対する中国人の感情から憎しみが少しづつなくなっていることの表れなのかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)