©Disney

写真拡大

東京ディズニーランドでは、2016年6月15日まで、スペシャルイベント「ディズニー・イースター」が開催されています。

【写真】2016「エッグハント・イン・東京ディズニーランド」フォトギャラリー

このスペシャルイベントの期間、イースターのお楽しみのひとつ「エッグハント」を東京ディズニーランドバージョンで楽しめる、「エッグハント・イン・東京ディズニーランド」が楽しめます。

私は今回、ガチでエッグハントをして参りました!

所要時間は私が実際にエッグハントをした時間を計ったものです。

ヒントや答えはお教えできませんが、「エッグハント・イン・東京ディズニーランド」をこれからやりたい方は、エッグハントの雰囲気を感じてみてください。

誰でも楽しめるビギナーコース

難易度:レベル1

所要時間:約20分

「エッグハント・イン・東京ディズニーランド」はコースが3つあります。

難易度の低いビギナーコース、難易度の高いエキスパートコース、最も難易度の高いマスターコースの3つです。

「エッグハント・イン・東京ディズニーランド」では、エッグハントのマップを販売店舗で購入する必要があります。

マップを購入したら、エッグハントのはじまりです!

イースターエッグになったディズニーのキャラクターを見つけたら、そのキャラクターのシールを、マップにある「? 」マークのタマゴが描かれているところに貼り付けます。

イースターエッグは「? 」マークのところに行けば、すぐに見つかるのでとっても簡単です。

ディズニーのキャラクターが描かれているイースターエッグは、フォトスポットとしてもとてもかわいいので、エッグハントをしながら記念撮影するのもオススメです。

ビギナーコースは歩いているだけで見つけられるので、やりがいを求める方はエキスパートコースやマスターコースを選んでみてくださいね。

一気に難しくなったエキスパートコース

難易度:レベル4

所要時間:1時間16分

やりがいを求める皆様こんにちは。

ビギナーコースはレベル1でしたが、エキスパートコースはレベル4になり、突然難易度大幅アップです。

ビギナーコース簡単だったし、エキスパートコースも余裕でしょ! なんて甘えはまるで通じません。

ほんとに、真面目に、すっごく、難しいです。

エキスパートコースのエッグハントのマップには、東京ディズニーランド内のどこかを切り取った、「これ大体で描きすぎだろ」と思わざるをえないイラストと、いろいろな柄のタマゴのシールが8枚貼ってあります。

マップに書いてあるヒントの文章とイラストを組み合わせて、東京ディズニーランド内に隠されたタマゴと同じシールを、そのタマゴを示すヒントの上に貼ります。

ちなみにこのイラストなんですがあまり信用なりません。

タマゴのシールはダミーもありますので、騙されないように気をつけましょう!

イラストはタマゴが隠されている場所の近くを、ほんの一部分切り取っただけなのですごく難しいです。

それでもわかったときの爽快感は本当に最高なので、みなさんも是非味わってみてください!

難易度高すぎマスターコース

難易度:レベル5

所要時間:1時間11分

最高難易度のマスターコースですが、エキスパートコースのエッグハントをしている際、うっかりマスターコースのタマゴを見つけてしまったので、エキスパートコースよりもちょっと時間が短くなりました。

周りのゲストもエッグハントをしていますので、みんなが指差してるところを見ちゃうとどうしても見つけてしまうんですよね。

これをラッキーと捉えるか、ネタバレと捉えるかは気持ち次第なので、私はラッキーと捉えて他のタマゴを探しました。

マスターコースもエキスパートコースと同じで、イラストとヒントをもとにタマゴを探します。

しかしこれは難易度:レベル5。

ハリケーンだったらストームライダーが出動するレベルです。

マップに書いてあるヒントはただの単語になってしまいました。

イラストもなんでそこ切り取った? と聞きたくなるところばかりでしたが、そこがマスターコースたる所以なのでしょう。

このイラストだけを見てタマゴの場所がわかったら、その人はまさに東京ディズニーランドマスターと名乗っても申し分ないと思います。

ダミーのタマゴのシールも増えたのが、これまた憎いです。

最高難易度のマスターコースですが、イラストが何を示しているのかわかったときは、爽快感というよりも鳥肌が立つようなゾクゾク感の方が大きかったです。

イラストには確実にヒントが描いてあるので、よーーーく見てタマゴを探しましょう!

エッグハントにつまずいたらキャストに聞いてみよう!

エキスパートコースもマスターコースも、途中で投げ出したくなるほど難しいです。

でもせっかくのエッグハント、わからないまま終わらせるのは勿体無いですよね。

どうしてもわからないときは、東京ディズニーランド内にたくさんいるキャストさんに聞いてみましょう!

私もエキスパートコースでさっぱりわからなくなって、二進も三進も行かなくなったとき、カストーディアルキャストのお姉さんに、意を決して聞いてみました。

カストーディアルキャストのお姉さんは、「どのくらいまでヒントを出していいですか? 」と聞いてくれたので、できるだけ少なめのヒントをもらいました。

本当にわからないときは、ちょっと踏み込んだヒントも教えてもらえそうです。

そのあとマスターコースで悩んでいたときも、通りすがりのキャストさんが声をかけてくださりました。

そのキャストさんは悩んで足を止めている私に、すごく巧妙なアドバイスをくれました。

そのアドバイスは、その言葉だけを聞くと普通の言葉でしたが、私が探していたタマゴに関連づけると、ぐっとタマゴに近づくヒントに変わりました。

そのあとタマゴを見つけたときの感動と言ったら!

本当に魔法のような瞬間でした。

どうしてもわからなくなったら、キャストさんに聞いてみてくださいね。

もしかしたら、私の出会ったキャストさんのように、魔法の言葉をくれるかもしれません。

いつもとちょっと違った特別な時間を過ごせる「エッグハント・イン・東京ディズニーランド」を、是非楽しんでみてください!

撮影 / MezzoMiki