九州の「耐震」係数は関東などと比べて低く設定 見直しの必要を指摘

  • 九州の「耐震」係数は、関東などと比べて1〜2割程度低く設定されている
  • 九州は大地震が歴史的に少なく、耐震性を強化する必要がないというのが理由
  • 熊本地震を受けて「定期的な見直しは必要」と専門家は指摘した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング