一緒においしいものを味わう時間を贈る。「銀座三越」に「母の日」限定のグルメが登場

写真拡大 (全6枚)

母の日には、一緒においしいものを味わう時間をプレゼントしたい…そう考えている女子は、2016年4月20日(水)から5月8日(日)の期間、母の日フェアを開催している「銀座三越」を覗いてみて。

「親子で楽しむ母の日」を今年のテーマに掲げている同館には、食いしん坊のお母さんにも満足してもらえそうなグルメが盛りだくさん。テイクアウト商品だけではなく、館内でいただく期間限定のメニューも用意されているというから、気になるはず。そこで、編集部が5点を厳選してご紹介。

写真)「レ ロジェ エギュスキロール」の「母の日限定コース」より「牛ホホ肉のブレゼ ペドロ・ヒメネスのソース 色とりどりの小野菜を添えて」◆親子で現代フレンチを味わう。「レ ロジェ エギュスキロール」で限定コース


日頃の感謝を込めて、お母さんに奮発したごちそうを振る舞うのなら、12階にあるフレンチレストラン「レ ロジェ エギュスキロール」が要チェック。

同店では、5月6日(金)から8日(日)の3日間限定で「母の日限定コース」(2名15000円)を予約制で提供するそう。写真の前菜「フォアグラのロワイヤル きのこ風味のカプチーノ仕立て」をはじめ、贅沢な食材をふんだんに使った7品が並ぶ。

「カーネーションの花をあしらった特製の母の日デザートのほか、小菓子も用意されていてこちらはご希望に応じてメッセージプレートをお付けします。感謝の気持ちを伝えるのにご利用ください」と、レストラン担当の中島さん。

◆「セスト センソ」のデザートで感謝の気持ちを伝える


むしろ、一緒にショッピングをするのがメインなら、母の日仕様のデザートはいかが? 11階のイタリアン・フレンチ「セスト センソ」では、4月20日(水)から5月8日(日)の期間、イチゴのスライスとホワイトチョコレートで作ったカーネーションで飾った「お母さんに贈るカーネーションデザート」(1490円)をいただけるとか。

プレートには、ガトーショコラとイチゴのジェラートも盛り付けられていて、赤と黒のコントラストが華やか。全面ガラス張りの開放感あふれる店舗で、楽しいおしゃべりとともに味わって。

◆地下食品売り場で母の日のごちそうを準備


たまには手料理を振る舞ったり、一緒に料理を作る時間を楽しんだりするのも、お母さんの心を掴むギフトになるはず。それならとっておきの食材を入手したい!という女子におすすめなのが、「片葉三」の「山形県産雪降り和牛尾花沢ミートブーケBOX」(8800円)。

こちらには、銘柄牛の赤身肉240gと霜降り肉160gを、それぞれ2つずつのバラの形に飾った詰め合わせ。極上のお肉を前にしてなにを作ろうか…と思い悩む時間も楽しめそう。


お母さんがお酒好きなら、スパークリングワインとオードブルの組み合わせを贈るのも一手。写真左は、「ダロワイヨ」の「メルシーママン」(702円)。ハムとドライトマトのタルトにスイートポテトのサラダを重ねたこちらは、食用カーネーションのトッピングが華やか。

添えるドリンクは、写真右の「ドメーヌ サン・ミシェル」の「ミシェル・ブリュット」(2700円/750ml)がおすすめ。こちらはワシントンの名手が手がけた辛口のスパークリングワインで、お刺身などの和食や赤身肉との相性ばっちりとか。


一緒に料理を味わう時間を優先したいのなら、料亭の絶品弁当をチョイス。写真は、「美濃吉」が5月7日(土)と8日(日)の限定で提供する「優美膳」(3564円)。

季節の野菜を使った総菜がたっぷりと盛り付けられた三段折りを並べれば、それだけで食卓が彩り豊かに。受け取り日の3日前までは予約を受け付けているから、確実に入手したい人は電話(03-3562-2048)で申し込んで。