夜のスマホは冷えの原因!?
夜のスマホは自律神経を乱し冷えの原因に。ベッドにスマホは持ちこまず、ぐっすり眠って冷えを撃退

目と冷えには深い関係がある

新しい人間関係が増え、ついついSNSに夢中になりがちなこの季節。寝る寸前までベッドでスマホをチェックしていませんか? 夜のスマホは、内臓や血管の働きを調整する自律神経のバランスを乱します。自律神経は、昼の活動時に交感神経が働き、夜のリラックス時に副交感神経にスイッチします。
ところが、夜になってもスマホからのブルーライトを受け続けていると、脳は昼の活動時と勘違いして、交感神経が活発になって緊張状態が続きます。

副交感神経には、全身の血の流れをコントロールする役割があります。いつまでも交感神経が活溌だと、血行不良になり体が冷えてしまうのです。とりわけ、目のまわりは副交感神経を働かせる重要な役割があるので、夜遅くまで目を使い過ぎていては冷えを悪化させます。

また、スマホを見ているとまばたきが少なくなります。すると、まぶたの血のめぐりが悪くなり、目の周辺が冷えます。目の周辺には全身につながるツボがたくさんあるので、目の冷えが全身に及び、血流が悪くなるのです。

副交感神経にスイッチしないままでいると、寝つきが悪い、熟睡できない、途中で目が覚めるなど睡眠の質が悪くなります。睡眠は冷えない体の土台をつくります。スマホやパソコンで夜更かししないで、ぐっすり眠ることが大切なのです。

寝る前に蒸しタオルで目を温めよう

体をポカポカにするためには、寝る前の目のケアがお勧めです。眠る前に目を温めるケアを行うことで質のいい睡眠を得られ、睡眠中にポカポカ体質に改善してくれます。

目の温めケアの方法は、とても簡単です。
1.薄手のタオルを濡らして、電子レンジで30秒加熱。
2.タオルを広げて適温にしてから、目に当てる。

たったこれだけで、目の疲れがとれて、全身の血の流れがアップ。体中の水分(血液以外の体液)の流れも良くなるので、体がうるおい老廃物も排出します。水分の流れが滞ることも冷えの原因になります。

仕上げに耳のふちを軽くひっぱると効果は絶大だとか。耳は目のまわりの筋肉とつながっているので、目がゆるんで体もポカポカになるわけです。