(画像左から)「君はどこにでも行ける」の装画、著者の堀江貴文さん

写真拡大

Amazon(アマゾン)が提供する月額制オーディオサービス「Audible(オーディブル)」は2016年4月28日、ホリエモンこと堀江貴文さんの著書「君はどこにでも行ける」(徳間書店)の配信を、4月のスペシャルコンテンツとして開始した。

堀江さんは服役していた刑務所を出所後、2年半で28か国58都市を旅した。本書はそこで体感した「世界地図の変化」を中心にまとめたものだ。アジア各国の驚異的な経済発展を目の当たりにし、停滞・成熟する欧米諸国に「未来の日本」を重ね合わせる堀江さん。世界のすみずみに到達する変化の波を肌で感じ、その変化に応じた仕事論、人生論、国家論を語る。1章から10章までの構成で、収録時間は6時間23分。

装画は、「テルマエ・ロマエ」の作者として知られ、イタリア在住の女性漫画家ヤマザキマリさんが手がけた。ヤマザキさんと堀江さんの対談が特別章に収録されている。

1か月の無料体験から始められるオーディブル

オーディブルとは、いわゆる「オーディオブック」と呼ばれるサービスだ。文学やビジネス書、語学、ライトノベル、落語といった20ジャンル以上のコンテンツを、iOS/Androidアプリで聴くことができる(PCは非対応)。声優だけでなくフリーアナウンサー、人気俳優もナレーターに名を連ねる。料金は月額1500円(税込)。1か月は無料で体験できる(プライム会員は3か月に延長)。

朗読は読書の原点といっていい。耳で聞いた文章には「間」や「息継ぎ」があり、繰り返し聞いていると情景が脳内に浮かび上がり――話の構造、文章の意味、著者の思いが無理なく頭に入ってくる。

「君はどこにでも行ける」のタイトルコールと前書き、後書きは、堀江さん自身が朗読している。本編は男性声優の小松史法さんが担当している。

聴けばファイトがわいてくる作品かも

本書の単行本は3月25日に発売された。前後して早くも重版が決まるなど熱く支持されているが、いったいその理由とは――。

堀江さんは途上国と呼ばれる諸国の目覚ましい発展ぶりを物語る一方で、成長の止まった日本に残る優位点として、低価格での高品質な商品やサービスの提供、民度の高さ、治安の良さなどを指摘する。とくに東京は世界最高レベルの都市と称賛する。海外に若者が出て行かないのは当然と理解を示しつつも、生き方を模索している人に対し、諸外国との比較で「日本の現状を知ることが第一歩だ」と説く。

日本人は元来、好奇心旺盛な民族であり、外国の文化に接して「使える」と思ったものは積極的に取り入れて改良してきた。規制もタブーも少ないといえ、堀江さんの主張は一見過激なように思えて、実は先祖帰りとも言えそうだ。

オーディブルは通勤や通学中、家事などの「ながら」のシーンでの使用にも適している。「君はどこにでも行ける」を聴く人には、外国人観光客が多くいる場所に出かけてみよう。朗読を聴きながら日本人や外国人観光客の行動に注目するうちに「気づき」が生まれるかもしれない。