ベイルがレアル・マドリー残留へ…今週中にも新契約にサインか

写真拡大

▽レアル・マドリーに所属するウェールズ代表MFガレス・ベイル(26)に、今週中にも新たな契約にサインする可能性があるようだ。スペイン『マルカ』が報じたところによれば、レアル・マドリーはベイルに対して2021年までの新契約を打診。給与に関しては週給6万3000ユーロ(約760万円)を提示しているとみられる。

▽度重なる故障に泣かされながらも今シーズンのここまでリーグ戦22試合出場で19ゴールを記録するベイル。先のソシエダ戦では、FWポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド、FWカリム・ベンゼマの両点取り屋が不在の中、チームをリーガ10連勝に導く貴重な決勝弾をマークしていた。

▽そのベイルに関しては、レアル・マドリーが2019年までとなっている現行契約の見直しに動いているとみられていたが、本人に契約更新の意思がないことから、今シーズン終了後のイングランド復帰を希望していると伝えられ、マンチェスター勢との関連が取りざたされていた。