「初めてに近い」というトークショーにいささか緊張気味の渡邉(撮影:ALBA)

写真拡大

 国内メジャー初戦『ワールドレディスサロンパスカップ』を3日後に控えた2日(月)、渡邉彩香がウェア契約を結ぶデサントの「DESCENTE SHOP TOKYO 〜デサント ショップ 東京〜」にてトークショーを行った。
【関連写真】ドレス姿も豊富!渡邉彩香フォトギャラリー
 昨日まで『サイバーエージェントレディス』に出場、今日のイベントの後にはワールド-の会場である茨城ゴルフ倶楽部に移動して練習に取材にと多忙なスケジュールの中でも「疲れはありません!」と渡邉。持ち前のショットを披露するなど、元気な姿でファンと触れ合った。
 トークショーでは「オフから前半戦はここに照準を合わせてきた」と今週行われる公式戦について言及。「目標であるオリンピックに行くためにもすごく大事な試合」。今年もレクシー・トンプソン(米国)や五輪出場のライバルの1人・宮里美香といった米ツアー勢が出場。優勝できれば加算できるポイントが大きいだけに、上位フィニッシュが必須であることは自分が誰よりも分かっている。
 舞台となる茨城ゴルフ倶楽部はプロテストに合格した思い出の地。特に東コースの17番はホールインワンを決めて夢を掴んだ忘れられないホールだ。「コースも好きだし、特に今年開催する東コースは良いイメージがある。先週よりも攻めやすいと思う」。
 「今、調子がすごく良いので、勝ちたいなぁ」と最後にしみじみ語った渡邉。つかの間のファンとの触れ合いで英気を養い、決戦の舞台へと向かっていった。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【キム・ハヌルコラム】
サイバーエージェントレディスフォトギャラリー
彩香が使うBSのドライバー、みんなの評価は?
ドレス姿も満載!女子プロ写真館