女性は、恋人ができたら女友だちとのつきあいが悪くなる、なんていう話はよくきくものですが、男性にもそれは言えるようです。本日は、アラサー女子の皆様が実際にされた彼女持ちの男友だちからの塩対応についてご紹介していきます。
しょっぱいあるある、いってみましょう!

彼女ができた途端、ラインをブロックされた

「最近彼女ができた男友だちで、ラインをしても既読もつかないまま数日が経っているなんてことがあって……。『あ。これブロックされたかも』と思って直接きいたんです。彼女に悪いからブロックしたとか、どんだけ彼女が怖いんだよってあきれました」(30代・金融)

▽ 彼女ができた男友だちから、いきなり距離をおかれてしまうととまどいますね。彼は彼なりにいろいろと考えてされた行動なのでしょうが、一方的にラインのブロックをするなんて、もうすこしやりようはあったのでは? と残念でなりません。彼女が少し心配症な方なのかもしれないですね。彼を思って、一度距離を置いたほうがよいかもしれません。

飲みに誘ってもすぐに帰る

「一次会でそそくさと帰る男友だち。引き止めたら『彼女が嫉妬深くてさ』とひとこと。今までは朝まで飲むような人だったのに、周りの友だちもじゃっかん、引いちゃってましたよ。長続きするのかなぁ」(20代・技術系)

▽ 彼女からしてみれば、何より自分を最優先してくれる彼は愛おしくて仕方ないのでしょう。ですが、恋愛と友情のバランスをとるものだいじなことです。彼の友人関係が円滑であるかをそれとなくリサーチしてフォローをいれるのも彼女のツトメ、というところでしょうか。

仲間と遊んでいても話に入らず彼女と連絡をとっている

「仕事仲間との飲み会で、みんなとしゃべらずにひたすら手元のスマホを見て彼女と連絡をとっているのは、あまりいい気持ちはしないです。気持ちはわからなくもないけど」(20代・アパレル)

▽ これは、いただけませんね……。「なんできたっっ!?」と総スカンを食らっても仕方ありません。一緒にいる人を大事にできない人に、人は寄ってきません。それが続くようであれば彼はいつのまにかひとりぼっちになってしまうかも……。

いかがでしたか?
きっと、彼に悪気はないのでしょう。女友だちと彼女との優先順位のつけかたが極端に彼女寄りなってしまっているだけのことです。一時的なものでしょう。
付き合いたてであればふたりの世界を何より大事にしたいと思う、その気持ちはとても自然なことだと筆者は思います。ですが、長く付き合うことを考えるのであれば、二人が恋人としてどのように周りの環境になじんでいけるかを考えねばなりません。
恋愛と友情をうまく両立させていければいいですよね。今はあたたかく見守ってあげましょう。