彼と仲良くなくても大丈夫!男心をグッと掴むLINEの送り方5つ(photo by lpictures/Fotolia)

写真拡大

【恋愛コラム/モデルプレス】モテる女の子とモテない女の子の違いとは何でしょうか。「顔?」なんて思うかもしれませんが、実は違うんですよ。モテる女の子は、LINEを上手に使っているようです。会社や学校では全然話さないのに、ただLINEをしているだけでドキドキする、ような男子は多くいるようです。

【さらに記事を読む】「ヤバイ可愛いんですけど!」男性が思わずドキッとする仕草5選

♥絵文字は入れること


句読点だけのLINEなんて絶対NG。堅苦しく感じますし、ちょっとした距離を感じてしまいます。

親しみやすさを持たせるために、顔文字やスタンプを使うようにしましょう。また、絵文字でも良いですが絵文字の場合は二個以上使うと可愛く見えますよ。

♥話を膨らませる努力をする


2〜3回で終わってしまうようなLINEは送らないのが鉄則です。

男の子は自分で話を作るのが苦手な人も多いよう。出来るだけ繋げるようにするのがベストです。

例えば、「明日の会議の時間を教えて」とLINEが来た場合、時間をただ教えただけでは、ありがとうとLINEが来て終わりですよね。

ここは、素直に教えた上で、さらに、明日の会議の時間どんな話をするのか予想をしあうなんてことをしてみてはいかが?

♥「っ」「ー」を語尾につける


「そうなんだ」と「そうなんだーっ」どちらのが可愛く見えますか?言うまでもなく後者の「そうなんだーっ」ですよね。

話す内容は正直何でも良いですが、モテる女の子は、語尾にとても気を遣います。

冷たい印象を相手に与えないためにも、なるべく語尾は柔らかく締めるのが鉄則ですよ。

♥長文は避け、話題に強弱をつける


まるで作文のようなLINEを送る人もいますが、読むのに疲れて最後まで読んでくれない可能性がありますよ。

かといって、スタンプ一個のLINEももちろんNG。相手の文章の量に合わせたボリュームで返すようにしましょう。

そして、忘れちゃいけないのが、話題の強弱。1日ずっと同じ話題について話していても、相手を退屈させてしまいますよ。

♥「○○くんと話すの緊張するんだよね」と言ってみる


ある程度LINEで仲良くなったら、こちらからちょっとした口説き文句を言ってみましょう。

「○○くんと話すの緊張するんだよね」と送ることで、彼にちょっとした疑問をもたせます。

「何で?」と聞かれたら「うーん、なんか男の子と話すの慣れなくて」と返すのが◎。

このように思わせぶりなことを言うことで、彼は自然とあなたのことを意識し始めるようになりますよ。

同じような意味で、「今のちょっとドキッとした」なんて言葉もOK。思わせぶりなことを言って彼をドキドキさせましょう。

いかがでしたか?

今回は男心をグッと掴むLINEの送り方をご紹介しました。

ぜひ参考にして彼の心を掴んでくださいね。(modelpress編集部)