悩む? 「高収入で浪費家」VS「低収入で倹約家」女性が結婚したいのは?

写真拡大

「愛はお金で買えない」なんて言いますが、実際に結婚して生活をしていくとなると、なかなかそうもいかないもの。現実的に考えると、お金は大事ですものね。そこで今回は女性のみなさんに、高収入だけど浪費家の彼と低収入だけど倹約家の彼なら、どちらと結婚してみたいかアンケート調査してみました。

Q.「高収入だけど浪費家の彼」と「低収入だけど倹約家の彼」結婚するならどっち?

・高収入だけど浪費家の彼……51.05%

・低収入だけど倹約家の彼……48.9%

ほとんど意見は半数で割れる結果となりました。若干「高収入で浪費家の男性」を選ぶ人が多いですが、どちらがいいとは言い切れないようですね。みなさんのご意見を見てみましょう。

■「高収入だけど浪費家の彼」を選んだ女性の意見

●稼いでいるから大丈夫

・「浪費家でもそれだけ稼いでいたら問題ないから」(34歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「高収入であれば稼ぐ力があるので、使っても大丈夫。自分にもお金を使ってくれそうだから」(35歳/その他/営業職)

・「稼いでくるなら浪費してもよいと思う」(24歳/不動産/事務系専門職)

どれだけ浪費家だとしても、それ以上に稼いでくるのなら、確かに何の問題もありませんよね。お金を稼いできてくれるのに、一切使うなとは、さすがに言えませんものね。

●自分が浪費をやめさせる

・「こちらがお金の管理をして浪費をやめさせるから」(27歳/電機/その他)

・「景気が良くなるから。あまり使いすぎるときはコントロールする」(34歳/医療・福祉/専門職)

・「浪費をやめさせるくらい自分に夢中にさせて、それをやめさせる」(33歳/その他/クリエイティブ職)

付き合っているうちに、自分が浪費グセを治してあげれば、問題ないと考える方も多いようです。しっかりお財布をにぎることができるなら、可能かもしれませんね。

■「低収入だけど倹約家の彼」を選んだ女性の意見

●しっかりしていそう

・「倹約家のほうがしっかりしていて信用できるから」(27歳/その他/秘書・アシスタント職)

・「倹約家のほうが、老後の生活費を蓄えられそう」(28歳/金融・証券/営業職)

・「倹約家のほうが将来有望かなと思うから」(29歳/情報・IT/事務系専門職)

今は収入が低いとしても、しっかり倹約して貯蓄をしていってくれるなら、そちらのほうが将来性はありそうですよね。いつどうなるかわからない世の中なので、お金にシビアなほうが安心できるかもしれません。

●自分もそうだから

・「私が倹約思考でお金をあまり使えないので、同じ考えの人のほうが一緒にいて楽だから」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「私も倹約家だから、気が合いそう」(31歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「自分も倹約家だから価値観が合いそう」(31歳/商社・卸/その他)

自分自身が倹約家の場合、やはり同じようなタイプの男性が落ち着きますよね。一緒にいろんな節約術を考えられそうなので、倹約を楽しみに変えることができそうです。

■まとめ

お金を稼いでくるけど、湯水のように使われるのは困るもの。しかし、収入が低いのも考えものですよね。どちらもクリアしてくれる男性が理想的ではありますが、なかなかそんな男性はいないのが現実かもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年4月にWebアンケート。有効回答数137件。22歳〜39歳の社会人女性)