昨年の世界選手権の5000m決勝で鈴木亜由子(日本郵政グループ)は、スプリント能力の高い外国勢に対抗するために、前半から積極的な走りで集団の人数を絞り込むと、スピードアップした後半も粘り切ってリオデジャネイロ五輪代表内定条件の8位入賞に0秒29差の9位と大健闘のレースをみせた。

 今年1月17日の全国都道府県対抗女子駅伝では、愛知県チームアンカーとして最終10kmを1分37秒差の4位でタスキを受けると、7km過ぎから群馬、兵庫を抜き、8.3kmではトップの京都も抜き去り、愛知初優勝の立役者となった。

「年末年始は少し足に不安があったので、調子自体はそんなに上がっていなかったけど、直前のウォーミングアップでは割と体が動いたので、もしかしたら思ったより走るかもというのはありました。1位はタイム差も大きいから厳しいかなと思ったんですが、2位までは可能性がありそうだと思い、まずはそこを狙ってスタートしました」

 前半の5kmは少し抑えて、後半にある下り坂を利用してペースアップしようという計画通りに走って、2位と3位が近づく。そのとき、その前にいた中継車がいなくなると、1位の京都府が視界に飛び込んできた。「あれっ?これは去年と同じ展開だ」と驚きながらも、目標が1位へと変わった。

 昨年は1位と1分差の6位でタスキを受けると、先頭も視野に入れて快走をしたが、4位までしか順位を上げられなかった。

 それを踏まえた今年のレースを「去年の悔しい思いなど、いろんな条件が重なって逆転できたのだと思う」と鈴木は微笑む。

 中学2年で全国中学の800mと1500mで2冠を達成し、3年では3000mで中学歴代2位の9分10秒71をマークした鈴木。だがその経歴は異色だ。練習は学校の陸上部ではなく、小学生時代から入っていた近所の陸上クラブで続け、地元豊橋市の進学校として知られる県立時習館高校へ進んでも陸上はクラブで練習を続けた。

 高校時代は足の甲の疲労骨折を2度して手術を経験したこともあり、大学はマイペースで陸上に取り組めるからと国立の名古屋大学を選んだ。そして大学時代は2年と3年で日本学生5000mを連覇して、4年時にはユニバーシアード5000mで銀メダル、10000mで金メダルを獲得した。それでも当時の日本ランキングは5000mが7位で10000mは34位。ガツガツ陸上をやっている感じではなかった。

 名大を卒業した14年、その年に発足したばかりの日本郵政陸上部に入部。それからは練習量も増え、昨年は日本選手権3位で世界選手権5000m代表になり、本番の決勝では日本歴代5位の15分08秒29で9位に。さらに9月の全日本実業団でも10000mでリオデジャネイロ五輪参加標準記録を突破する31分48秒18で優勝し、日本のエースへと成長してきた。

「世界選手権は自分が思っている通りのレースができて、ちゃんと練習を積めて準備ができれば試合で結果が出るんだなとわかったレースでした。世界で戦うことによって『もう一度ああいう場で戦いたい』という思いも芽生えたし、もっと強くなりたいと思いました。それに、それまでは足が不安でレースでもスパイクを履けずアップシューズで走っていたけど、予選と決勝の2レースでスパイクを履いて走れたことは収穫でした。そこは自分の殻を破るためのひとつのステップだったので、あれは本当に大きかったと思います」

 それでも僅かな差で8位入賞とリオ五輪内定を逃す結果は悔しかった。「練習でできたことが出せたというところでは満足したが、やっぱりあそこで9位に甘んじてしまったところは満足できない」という。

「プラスアルファの力を出せなかったというか......。あとで映像を見返しても、最後はまだいけそうな感じはしたし、トップスピードを出しているという感じでもなかったですから。多分あそこで切り換えができていたら8位になった選手に勝てていたと思うので悔しいですね」

 その原因については、「やっぱりスタミナをベースに作っていったので、疲れたところで走りを切り換えるという練習が不足していたのかなと思います。監督は『どれだけ疲れていてもラストスパートができる人はいるから、何か動きを変えるコツがある』と言いますが、私はまだそれがつかめていないというか。でも中学生時代はラストスパートが得意だったから、ちゃんと脚を作って、そういう質の高い練習ができれば、体も反応してくるようになると思います」と語り、改善点がしっかりと見えているようだ。

 世界の舞台で走ってみて、それまでは「決勝進出が精一杯かな」という思いが強かったが、入賞ならチャンスがあると感じた。

「私は今まで『五輪へ行きたい』と言ったことがないんです。軽々しく口にしてはいけないような気がしているんです。本当に努力して、本当に実力がある人でなければ言ってはいけないような気がしていて」という慎重な鈴木だが、段階を踏んだ上で出場した世界選手権で結果を出せたことで、自分もそこを目指せる選手ではないかと思えてきたという。

「見えてきたものは本当につかまなければいけない。そのチャンスは絶対にものにしなければいけない」と思えるようになった。

 いざ五輪、となるとまた慎重な気持ちが見え隠れしてくる。現在、五輪参加標準記録は5000mと10000mで突破しているが、2種目とも狙うか、どちらかの種目に絞るか迷っているのだ。5000mは昨年の日本ランキング1位だが、日本陸連の派遣設定記録に1秒95足りないため、日本選手権8位以内で代表内定という特権を得られない。4月6日時点で5000mの参加標準記録15分24秒00を突破している選手は鈴木を含めて7人いて、10000mの32分15秒00を突破している選手は8人もいる。日本選手権で両種目に出てともに3位以内に入ることを狙うとしても、3日間開催のため体の負担は大きい。

「世界大会では初日に10000mの決勝があって後半に5000mがあるし、以前の日本選手でも2種目やっていた選手がいるから、そのくらい走れないと世界で通用しないのかなというのはあります。だからそれを経験しておきたいというのはあるけれど、今それができるのかなと......。それに世界選手権では5000mでもう一回挑戦したいと思いましたが、世界の選手をみると5000mより10000mの方が少し力も落ちるから可能性は高いのかなとも思って。ただ5000mは力を出し切ったレースをしたからある程度自分の力はわかりますが、10000mは経験も少なくて本当に精一杯走りきったという経験もないので、まだ自分の力がわからないところもあって。そこも悩みどころですね。」

 リオは集大成ではなく、次につなげるための通過点の大会だと話す鈴木。どちらの種目を選ぼうとも、「限界に挑んでみたい」「世界と勝負したい」という気持ちは変わらない。

折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi