レジャーにお金を使うことが多そうなゴールデンウイークだが、あえてここで節約し、GW明けにショッピングをするというのが、実はお得だという。調達・購買コンサルタントの坂口孝則さんは、5月は、アウトレットが狙い目だと言う。おすすめは大型の冷蔵庫やドラム式洗濯機。

「3月から4月にかけての新生活で新しく家電を買い替えた人の中には、新居の入り口や廊下が狭くて大型家電が搬入できず、返品をする人も少なくない。一度、開封されたものですから、未使用であるにもかかわらず値段がぐっと下がり、5月頃に、アウトレット価格で販売されます」(坂口さん)

 アウトレット家電を取り扱う家電量販店にはビックカメラ、ジョーシン、ヤマダ電機などがある。新品より1万〜3万円ぐらい安いものが見つかることもあるという。品数はそんなに多くないからこまめにチェックを

 アウトレットといえば、ファッションも気になるところ。セール時期とは外れるものの、5月は最新の春夏ものの価格が下がるチャンスと話すのは、アウトレット事情に詳しい淑徳大学教授の千葉千枝子さん。

「この時期は来場者が増え、各アウトレットモールは品数をそろえてきます。最近は流通の流れが速くなっており、つい先日まで百貨店で売られていたものがアウトレットで安くなっているなんてこともあります。平常時よりも選択肢が多い上、タイムセールがよく開かれるので、値札よりさらに10%オフという掘り出しものにも巡り合えるチャンスですよ」(千葉さん)

 ファッションも5月ならお得に楽しめそうだ。

※女性セブン2016年5月12・19日号