賞金ランク首位に浮上したイ・ボミ(撮影:ALBA)

写真拡大

 国内女子ツアー8戦目の『サイバーエージェントレディス』が終了。1打差でプレーオフ進出はならなかったものの3位で大会を終えたイ・ボミ(韓国)が賞金ランク首位に浮上した。
【関連フォト】昨年の女王戴冠の瞬間をフォトギャラリーで
 同大会で初優勝を飾った福嶋浩子は12位に。また、プレーオフで敗れたキム・ハヌル(韓国)も2位にランクアップ。日韓両国の女王へ、好位置につけている。
 今週はメジャー初戦『ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ』。高額賞金大会を経てランキングはどのように変化するのか。
【国内女子賞金ランキング】
1位:イ・ボミ(33,233,333円)
2位:キム・ハヌル(32,576,666円)
3位:申ジエ(29,530,000円)
4位:テレサ・ルー(29,488,000円)
5位:笠りつ子(26,605,000円)
6位:渡邉彩香(22,336,066円)
7位:李知姫(20,688,333円)
8位:柏原明日架(19,947,999円)
9位:菊地絵理香(19,757,000円)
10位:大山志保(17,200,400円)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【キム・ハヌルコラム】
福嶋浩子が涙の初制覇!史上初姉妹Vに「ようやく姉の足元が見えてきた」
賞金ランク1、2位独占のTEAM HONMA クラブの評価は?