南米のサーカス団で虐待を受けていた33頭のライオンを救出

ざっくり言うと

  • 南米のサーカス団で、虐待などを受けていたライオン33頭が救出された
  • 本来の生息地であるアフリカの大自然の中で新たな生活を送ることになった
  • 多くのライオンが爪を抜かれるなどし、失明したものもいるという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング