「禁煙希望者には電子タバコを」英医師会が主張

写真拡大

電子タバコを禁煙治療で使うことが認可された英国で、内科医師会(RCP)も、電子タバコを勧める報告書を出した。ただし、安全性については以前から議論がある。

「「禁煙希望者には電子タバコを」英医師会が主張」の写真・リンク付きの記事はこちら

禁煙を試みている喫煙患者たちには、電子タバコが提供されるべきだと、英国の医者たちが主張している。電子タバコは、ニコチンを含む液体を加熱し、蒸気にして吸い込むもので、英国では「e-Voke」などが販売されている。

英国内科医師会(RCP)が4月28日付けで発表した報告書には、「公衆衛生のためには、英国内における喫煙の代わりとして、電子タバコのほか、タバコの代わりのニコチン含有製品をできるだけ広く促進していくことが重要である」と書かれている。

この報告書はまた、電子タバコへ切り替えることにより、「数百万人」もの生命を救う可能性があるとも示唆している。英国では毎年、およそ12万2,000人が喫煙によって死亡している。これは、全死亡数の6分の1以上に相当する数だ。

RCPのタバコ問題諮問部会の責任者を務めるジョン・ブリットンは声明のなかで「タバコ喫煙の代用として電子タバコの使用が広がっていることは、可能性のあるリスクとメリットについて多くの考察があり、大きな議論となってきました」と述べている。

「この報告書は、電子タバコをめぐるほぼすべての懸念を退けており、賢明な規制のもとで利用されれば、電子タバコが、現在英国で喫煙が原因となっている早死、疾病、健康に関する社会的不平等を防ぐために大きく貢献する可能性があると結論付けています」

RELATED

英国の医薬品・医療製品規制庁は2016年1月、電子タバコを禁煙目的の使用に関して認可し(日本語版記事)、すでに国民健康保険(NHS)で処方されている。同庁は声明の中で、「電子タバコなどの、適切な安全基準・品質・効能を満たす、認可された薬効あるニコチン含有製品を利用することで、喫煙による健康被害を減らす助けとしたい」と説明している。

電子タバコの安全性については以前から議論がある。

イングランド公衆衛生局による研究(PDF)では、電子タバコは「一般的なタバコと比べて、95パーセント害が少ない」とされたが、医学雑誌『ランセット』は「エヴィデンスが弱い」としている。

また、医学誌『オーラル・オンコロジー』2016年1月号に発表された研究によると、電子タバコの蒸気は、DNAに害を及ぼしたり、さらには人間の細胞を殺したりする可能性があるという。