2冠達成を喜ぶ松田龍平(右)と沖田修一監督(左)

写真拡大

沖田修一監督と主演の松田龍平が第18回ウディネ・ファーイースト映画祭に参加するため現地を訪れていた映画『モヒカン故郷に帰る』が、ブラック・ドラゴン賞(批評家賞)とブロンズ・マルベリー賞(観客賞3位)を受賞。日本映画の同映画祭での2冠達成は、第11回『おくりびと』(ブラック・ドラゴン賞、ゴールデン・マルベリー賞)、第13回『告白』(ブラック・ドラゴン賞、マイムービーズ観客賞)以来5年ぶり、3作品目の快挙となる。

松田龍平「最高の時間を過ごすことができた」/ウディネ映画祭

授賞式では、まず批評家賞であるブラック・ドラゴン賞の発表が行われ、英題である「Mohican Comes Home」と読み上げられた瞬間、沖田監督と松田は一瞬驚いた後、喜びの表情に包まれた。

壇上に上がり盾を受け取ると、沖田監督は「本当にこの映画を選んでくださってありがとうございます。松田さんとこの舞台に立ててとても嬉しく思っています。松田さんありがとう、みなさん、ありがとうございます!」と興奮しながらスピーチ。

続いて松田は「グランデ!タンテ・グラッツェ!」と感謝の意をイタリア語で伝えると、会場からは熱い拍手と声援が起こり、「僕も沖田さんの映画が大好きで、沖田さんに感謝の意を示したいと思います。ありがとうございます」と映画を作り上げた仲間として喜びを分かち合った。

2人が盾を持って会場席へ戻っている最中に、次の観客賞3位のブロンズ・マルベリー賞の受賞発表が始まり、受賞作品は「Mohican Comes Home! 沖田さん、カムバック!」と呼ばれ、再び檀上へ上がった2人。まさかの2冠に2人は、盾を受け取ると檀上で大きく掲げ、喜びを爆発させた。

受賞後のインタビューでは、感想を聞かれ沖田監督が「ありがとうございます。映画祭の上映でたくさん拍手をいただいて、それだけで十分だと思っていたのに賞までいただいて、しかも2つも! 松田さんと1個ずつ持てるのがとても嬉しく思います」と回答。松田も「沖田さんと僕で1つずつ持てることが幸せです、ありがとうございます」と興奮した様子で語っていた。

【関連記事】
松田龍平と柄本明が親子役で初共演。松田はモヒカンヘアにも初挑戦!
[動画]映画『モヒカン故郷に帰る』予告編
細野晴臣、『横道世之介』の沖田監督新作で8年ぶりに映画主題歌を担当
前編/松田龍平の“デス声”も聴どころ! 細野晴臣主題歌は生まれながらにヴィンテージの趣き