マドンナ、息子の問題をカバラ教に相談

写真拡大

マドンナは息子ロッコと久々に会う前にロンドンにあるカバラ・センターで1対1のスピリチュアルレッスンを受けていたという。

マドンナは感激

15歳の息子ロッコが昨年の12月に「レベル・ハート」ツアーを離れて父ガイ・リッチーの元で暮らすようになって以来初めて先週末に対面を果たしたマドンナだが、その前日にはユダヤ教の教えに基づいたカバラがウェブサイトで掲げている仲直り月間に基づいて、アドバイスを受けていたようだ。

息子と新たな一歩を踏み出せたことにマドンナは感激しているそうで、ある関係者はデイリー・ミラー紙に「マドンナにとって牡羊座の新月は新たなはじまりなのです。ロッコに必死に連絡を取って、意見の相違を乗り越えられたことにとても喜びを感じています。ロッコのことを心から愛していますので仲直りできたことで有頂天のようです」と話している。

ロッコの親権を巡る法廷争いは終了しておらず、6月1日にニューヨークで審問が行われることになっているものの、マドンナはそれでこの問題に片が付くことを願っているようだ。前述の関係者は「マドンナはこの問題を出来るだけ早く片付けたいと思っています」と続けた。

マドンナはカバラからのアドバイス以外にも10代の心理学の専門家にも相談していたと言われており、先日に別の関係者は「ロッコにコンサートのことで問い詰めるのは止めるように言われました。その代わりに関係のないリラックスした話をするようにアドバイスされたようです」「また自分と息子の関係を元夫とその妻ジャッキー・エインズリーとの関係に対する感情と混ぜないように言われましたね」「ロッコが父親のことを好きな事実を受け入れなくてはいけないんです。これまで公にやってきたようにガイの悪口を言い続けていたら、ロッコと自分の関係にさらなる亀裂が生じるだけですからね」と話していた。

Written&Photo by bangshowbiz