ストレス社会の今知っておきたい、ストレスがお肌に悪い理由

写真拡大

「キレイの先生」編集部の山田です。

 仕事でイラッ‥‥、家事育児でぐったり‥‥。現代社会、ストレスとは無縁というわけには、なかなかいきません。

 エステサロンの先生方とお話していて分かるのは、ストレスが本当にお肌に良くないということ。「わざわざ言わなくても知っているよ」という声が聞こえてきそうですが、その理由を箇条書きでまとめてみようと思います。

1)ストレスで自律神経が乱れる⇒ 睡眠に影響が出る⇒ ターンオーバーが乱れる⇒  お肌のトラブルに

2)ストレスで内蔵が不調に⇒ 腸が便秘気味になる⇒ たまった老廃物の毒素が体内を巡る⇒ お肌のトラブルに

3)ストレスで血流が悪化⇒ リンパの流れも滞る⇒ 老廃物がたまる⇒ お肌のトラブルに

4)ストレスで免疫力が低下⇒ 肌のバリア機能も低下⇒ 外部の刺激にお肌が弱くなる⇒ お肌のトラブルに

 いかがでしょうか? パッと思い付くだけでも、ストレスはお肌にこれだけの悪影響があります。肌の乾燥に、シミ、しわ、にきび等々、あらゆるトラブルの原因になります。

本当に何ひとついいことなんてありません。

 ストレスをため込まないのも、スキンケアで大切なことです。美容のためにも、自分のストレス解消法を持っておきたいものですね。

キレイの先生 http://kireinosensei.com/