林清一氏が振り返る球史に残る「非情のジャッジ」

ざっくり言うと

  • 元審判の林清一氏が、球史に残る「非情のジャッジ」を振り返っている
  • 98年夏の甲子園2回戦で、延長15回裏にサヨナラとなるボークを宣告
  • 試合後の取材では記者からの質問に「ルールを適用したまでです」と説明した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング