コスト低下で利回り好調!太陽光発電は「いまこそ」儲かる
再生エネルギーの固定価格買取制度が始まって4年。電力の買取価格は年々下落しているが、今から太陽光発電に投資するのはアリなのか? 太陽光発電の今を追った

 4月から電力自由化が始まり、電力会社や料金メニューを自由に選べるようになった一方で、太陽光発電など再生可能エネルギーの拡大に伴い、標準家庭で月675円が電気料金に上乗せされる。これは、474円だった’15年度から実に4割増。再生エネルギーの固定価格買取制度が始まった’12年度から比べると約10倍だ。昨今の原油安で電気・ガス料金は値下がり傾向にあるが、それを打ち消す負担増になりそうだ。

⇒【資料】はコチラ http://hbol.jp/?attachment_id=92326

 その原因は、優遇された電力の買取価格だ。10kW以上の産業用に関しては、20年間にわたって40円で買い取ると国が約束したのだ。これによって、早い時期に太陽光発電を始めた人は約10年で初期の投資コストを回収でき、残り10年は丸儲けという異常な“高利回り商品”ができあがった。その不公平感から、買取価格は年々下がり続けており、今年度は24円。今から太陽光発電への投資は手遅れのように思えるが、自身でもメガソーラー発電をしている実業家、金森重樹氏は「買取価格が高いうちに認定を受けた事業者が、最近、その権利を売りに出してきています」と話す。

「先日、ウチの妻が、36円で買い取りが約束されている権利を買い、北海道江別市など4地域で太陽光発電を始めました。5億円を借り入れて、購入総額は5億6000万円。利回りは約11%で、約13年で元が取れて、20年後には約3億円が儲かる予定です。最近、こういった権利の売買が活発になってきています。高い価格で買い取ってもらえる権利関係を急いで取得したものの、金融機関から融資がつかず着工できないケースがあり、そういう権利を持った業者が売りに出したりしているのです。高い買取価格で始められる権利を買って、今から太陽光発電を始めるのはいいと思います」

◆部材コストが低下し高利回りをキープ!

 では、過去の高い買取価格でないと儲けられないのかというとそうではないという。自身も関東3か所で太陽光発電をしているソーラーマニアのライター、藤本健氏はこう説明する。

「確かに買取価格は下がっているのですが、パネルなどの設備や工事費用も値下がりしているため、利回りは今でも10%程度で回るんです。利回りは昔と変わっていませんから、24円の今から参入するのも悪くはないと思います」

 かなり大雑把なたとえだが、以前なら4000万円の融資を受けて始めると、10年で元本4000万円が回収でき、残り10年で4000万円儲かるといった収益モデルだった。今では2400万円の融資で始めることができ、10年で2400万円を回収し、残り10年で2400万円儲かるといった具合だ。

 ただ、数千万円もの高額なローンを組むのは、やはり勇気のいること。「そんな人に検討してほしいのが、『太陽光発電ファンド』です」と、藤本氏は話す。

「1年ほど前、私が千葉に太陽光発電を設置しようとしていて、その設置業者がファンドを行っていたんです。通常は金融機関から融資を受けるのですが、一般から出資を募って、その資金で発電所を建設・運営し、生み出された電力を売電。特別目的会社を通して、収益を出資者に分配するという仕組みです。ちょっと面白そうだったから、試しに50万円分購入してみました」

 運用期間は10年で、目標利回り5.5%、目標年間平均分配率は13.6%(いずれも税引き前)と書いてあったそうだ。

「分配シミュレーションを見ると、100万円を投資したら、10年後に約136万円になるというものでした。利回り5.5%なら10年で155万円になるはずでおかしいなと思ったのですが、よく読み込んでみると、分配金だけでなく元本も少しずつ戻ってくる仕組みだったのです。つまり、毎年、元本の残高は減り、その残高に対して一定割合の分配金がもらえるというわけです。そして、10年目の償還時には残った元本と分配金がもらえて、最終的に136万円になるという計算でした」