楽しいお酒って思いのほかたくさん飲んでしまいませんか? それでついつい飲み過ぎてしまって「気持ちわる……うっぷす」。
こうならないための対処法と、飲み過ぎてしまったときの対処法をいくつかのせていきますので次回の飲み会からお試しあれ!

ツマミを食べてからお酒、この順番を守る!

胃に何も入っていない状態でお酒を飲むと、アルコールがダイレクトに吸収されるので……確実に酔っ払います。はやく飲みたい衝動にかられてもグッと我慢をして、お酒を飲む前にまずはできるだけたくさんツマミを食べておきましょう。

お水をたくさん飲む!

お酒の飲み過ぎで気持ちが悪くなるというのは、体内に許容量を超えた量のアルコールが入りすぎている状態になっているからなんです。ちなみに自身のアルコール分解能力をはるかに上回った量のアルコールが入った場合には、アセトアルデヒドの影響により手足の痺れが発生します。調子にのりすぎると危険ってことです!
飲み過ぎた場合には(なるべく迅速に)血中アルコール濃度を下げて、アルコールを体外に出すことが二日酔いを防ぐポイントとなります。
へべれけに酔っ払っている人に水を差し出すのは飲み会でおなじみの光景ですが、これは理にかなっていたということなのですね! なるほど、なるほど。

シメにはグレープフルーツジュースを!

グレープフルーツに含まれる「フルクトース」という果糖がアセトアルデヒドの分解のサポートをするので、結果として二日酔いの予防になるんだとか。グレープフルーツジュースをたった一杯飲むだけで、あのつら〜い二日酔いを未然に防ぐことができるということなので、グレープフルーツが苦手ではない人はぜひとも試してみてはいかがでしょうか。

飲酒直後のアツアツお風呂は逆効果!

飲酒後に熱めのお風呂に入るのが好きという人もいるかもしれませんが、でも実はそれNG行為なんです。というのも、飲酒後には軽い脱水症状をおこしていることが多いのに、さらに熱めのお風呂で発汗を促すというのは体に負担しかかけないからです。飲酒当日のバスタイムは、水分をじゅうぶんに補給してからシャワーていどにとどめておくのが理想的。
二日酔いを防ぎたいならば、飲酒当日のお風呂は避けたほうが無難ということのようですね。翌朝、もし二日酔いがひどいときには、38度くらいのぬるめのお湯にゆっくりと浸かるのがベストです。

体内のアルコールを次の日に持ち越さないための努力を怠らないようにすることが、二日酔いを撃退する最善策! あの頭痛と吐き気は自己嫌悪になるレベルの苦しみですからね〜。