表参道に“1人しゃぶしゃぶ” 専門店の「しゃぶしゃぶ 山笑ふ」がオープン

写真拡大 (全5枚)

「しゃぶしゃぶ」といえばワイワイと大人数で食べるのが定番だけど、たまには1人でゆっくり味わいたい…そんなときに出かけたい「1人しゃぶしゃぶ」の専門店が表参道にオープン! 

2016年4月19日(火)、表参道にオープンした「しゃぶしゃぶ 山笑ふ」は、「1人しゃぶしゃぶ」に特化した専門店。厳選された産地の肉と旬の野菜を、誰にも気がねなく自分のペースで食べられるのが嬉しいところ。店名の「山笑ふ」は春をあらわす季語で、緑が芽吹くように、旬の食材がふつふつと沸きあがる様子を表現しているそう。

「食材や、店内のしつらえは“和”の世界観を大切にして選びました。例えば、肉を盛り付ける器には秋田県の伝統工芸品である手づくりの『曲げわっぱ』を使い、専用の鍋も職人によってていねいに作り上げられた銅鍋を使用しています。1人でゆっくりと鍋に向き合っていただきながら、味とともに匠の技を体験していただければ」と、広報担当者さん。

店内は、無垢材を使った2つのO型カウンターのみで、それぞれ23席と22席でゆっくりと「1人しゃぶしゃぶ」を楽しめる空間に。肉と一緒に、野菜や穀物をバランスよく摂れるということから利用する女性の1人客も多いという。

大きなカウンターは余裕を持った席の配置で、隣の視線も気にならないし、1人に1つずつ用意された鍋はまさにジャストサイズ。

営業は、11時から15時までが「御昼食」で、17時から22時までが「御夕飯」となる。

◆ボリュームたっぷり!肉の量や種類が選べる「御昼食」


「御昼食」では、おすすめランチとして3つのコースがいただける。ランチ(A)は「国産牛ロース50g+米澤豚一番育ちロース50g」(1620円)、(B)は「国産牛ロース70g+米澤豚一番育ちロース70g+前菜」(2646円)、(C)は「国産牛ロース120g」(1944円)。それぞれ肉の量によって選べるようになっている。

肉の柔らかさ、甘さ、脂の旨味のバランスが良く、さっぱりとした味わいの「米澤豚一番育ち」をメインにしたいなら「米澤豚一番育ちロース120g」(1296円)、国産牛だけを食べたいなら「黒毛和牛ロース(山形牛100g)+前菜」(3726円)と、食べたい肉の種類によっても選べる。

◆女性に人気の「すき焼きセット」にも注目を


「実は、『すき焼きセット(国産牛ロース70g)+生卵』(1566円)も女性に人気なんですよ。ランチタイムは、すべてのメニューに野菜盛り合わせ、ご飯、シャーベットが付いていて、ボリュームたっぷりです」(同)

シャーベットも小さな添え物ではなく、デザートとしてしっかり1人分あるので、最後まで楽しめるそう。1人でいただけば、満腹になることまちがいナシ。

◆「御夕飯」には、お茶漬けとセットの旬野菜しゃぶしゃぶも


御夕飯の時間には、「国産牛ロース70g+米澤豚一番育ちロース70g」(2916円)と、お茶漬けがセットになった旬野菜しゃぶしゃぶの「米澤豚一番育ち70g+お茶漬け」(2376円)、「国産牛ロース70g+お茶漬け」(3132円)がいただける。

御夕飯は、すべてのメニューに前菜、野菜盛り合わせ、ご飯または麺、デザート付き。麺は特製のもちもち食感の中華麺で、しゃぶしゃぶのシメに塩ダレを加えたスープと一緒にあっさりといただけるとか。

このほかに、「トマトサラダ」、「茶碗蒸し」、「季節のおひたし」などの「一品料理」(各378円)もあり、お肉の追加は国産牛ロースが50g756円、米澤豚一番育ちロースが50g486円で注文できる。

落ち着いた和の空間の中で、しゃぶしゃぶ鍋と向き合う時間を堪能しよう。