トランスミッションとデフを一体化させ、ケースなどに組み込んだトランスアスクルを採用するクルマは、FFだけでなくRRや4WDまで多彩なモデルが古今東西存在します。

フェラーリ・デイトナことフェラーリ356GTB/4、アルファ ロメオ最後のFR「75」、ほかにも日産GT-RやレクサスLF-Aなどいくつも挙げられます。

1

ポルシェもトランスアクスルを採用したモデルを多く送り出してきましたが、911がいまも昔も「本流」である同社の歴史からも分かるように「独創的な存在」としています。

4月27日から10月16日まで、シュツットガルトのポルシェ ミュージアムで開催されている特別展示「トランスアクスルの時代。924から928まで」では、924や928などのトランスアスクルモデルが23台展示されます。

ポルシェのトランスアスクルの歴史は、1976年にトランスアクスルパワートレーンの駆動方式を採用したタイプ924まで遡ります。

1976年から1995年の約20年間で、911で確立された構造とは全く異なるタイプ924、928、944および968が生み出されています。

924のデビューから40周年を迎える今年、この特別展示が用意されました。23台のうち半数以上がミュージアムにおける初展示になるそうです。

今回は、厳選された市販車とレーシングカーの展示に加えて、特定の展示ホールにしか置かれていなかったプロトタイプコンセプトカーも展示。

当初、エントリーモデルとして供給されていたポルシェ924の多彩なバージョンが含まれているそうで、生産には至らなかったものの、944ガブリオレのデザイン開発に寄与した1979年の924ターボ タルガ プロトタイプも初めて展示されます。

私はポルシェ928を見ると、アニメの「キャッツ・アイ」を思い出すのですが、928は1977年3月にジュネーブモーターショーでデビューし、当初は911の後継車となる予定でした。

紆余曲折あっていまも911が主役ですが、928が商業的に「大成功」となっていたら911もどうなっていたか分かりません。

928 S4カブリオレ コンセプトカーで終焉を迎えることになりますが、この唯一のプロトタイプも、他の5台の928モデルと一緒に特別展示で披露されます。

ドイツまで行かないとこの特別展示は堪能できないわけですが、2009年1月のリニューアルオープンでより素晴らしい施設になっていますから、ドイツを訪れることがありましたら同じシュツットガルトにあるメルセデス・ベンツ ミュージアムとセットで足を運んでみてはいかがでしょうか。

(塚田勝弘)

「924から928まで」ポルシェのトランスアスクルモデルが分かる特別展示【画像ギャラリー】(http://clicccar.com/2016/05/01/369383/)