▽明治安田生命J3リーグ第7節が1日に日本各地で行われた。

▽前節に今シーズン初めて首位に浮上した長野パルセイロが15位のガイナーレ鳥取戦に臨み、ホームで0-0のドロー。2位のFC琉球も4位の相模原とホームで引き分けた。一方で、3位のブラウブリッツ秋田はホームで7位のガンバ大阪U-23に1-0の勝利を収め、前述の2チームに代わって、今シーズン初の首位に浮上した。

▽その他、5位の大分トリニータは熊本地震発生後初のホームゲームで6位のカターレ富山と対戦し、0-1の敗戦で3戦未勝利。G大阪U-23を除いたU-23勢では、13位のFC東京U-23は9位の栃木FCにホームで1-1、11位のセレッソ大阪U-23も14位のY.S.C.C.横浜とホームで1-1の痛みわけに終わった。

【J3第7節】

藤枝 3-2 盛岡

秋田 1-0 G大阪U-23

FC東京U-23 1-1 栃木

大分 0-1 富山

鹿児島 1-0 福島

長野 0-0 鳥取

C大阪U-23 1-1 YS横浜

琉球 2-2 相模原