マレーシアで摘発の台湾人32人、中国大陸に“送還”=外交部が抗議

写真拡大

(台北 1日 中央社)外交部は先月30日、マレーシアで詐欺行為を働いた疑いがあるとして拘束されていた中華民国(台湾)籍の32人が中国大陸に引き渡されたとして、マレーシア政府に抗議した。「両国の友好関係を損なう」としている。

行政院(内閣)の報道官によると、詐欺の被害者が中国大陸の人だったことや同一の犯罪組織を分けられないとして中国大陸に引き渡されたという。そのうち複数人は今年4月に一旦は台湾へ送還されたが、「証拠不十分」を理由に釈放され、その後再び身柄を拘束されていた。

張善政・行政院長は、法務部(法務省)と台湾の対中国大陸政策を担当する、行政院大陸委員会に中国大陸側と意思疎通を図るよう命じた。法務部では、早期に共通認識を形成したいとしている。

(唐佩君/編集:齊藤啓介)