イヤホンに「装着感・音質」の完璧を求めるなら:クリプシュ「Reference X6i」

写真拡大

『WIRED』US版による商品レヴュー。今回は、楕円形のイヤーチップが特徴的な、クリプシュの「Reference X6i」をリポートする。

「イヤホンに「装着感・音質」の完璧を求めるなら:クリプシュ「Reference X6i」」の写真・リンク付きの記事はこちら

その70年の歴史を通じて、米国の音響機器メーカークリプシュはデザインの革新性で評価を集めてきた。

有名な「Klipschorn」のデザインから、この会社の顔である、銅色の“セラメタリックコーン”を採用したスピーカーまで、その製品は自信に溢れたものである。そして同社の新しいイヤフォンは、亜鉛でできた装飾とユニークなイヤーチップを備えており、この伝統を継承するものとなっている。

このイヤフォンは「Reference」シリーズとしてブランド化されている。このリファレンスという言葉は、オーディオオタクにとってはフラットな周波数特性を意味するものであり、いま流行の低音強化や音加工がされていない、クセのない音質を指す。

Klipsch Reference X6i」の価格は179ドル(日本価格:27,800円)で、新製品ラインのなかでは最も低価格である。最も高価なのは「X20i」で、549ドル(日本価格:72,800円)だ。いちばん手頃な価格のものが好きなわたしは、X6iを数カ月試してみた。値段は新ラインナップのなかではいちばん低いが、この製品は驚異的である。

WIRED

音質はほぼ完璧。はっきりとした音だが痩せた感じになることなく、音量が大きくても聴き疲れない。

楕円形のユニークなイヤーチップ(デザインはクリプシュが特許取得済み)は、ぴったり耳の穴にフィットするし、装着も簡単だ。きれいな低音を実現するのは、この密閉感だ。そしてこの製品では、低音ははっきりと、力強く聴こえる。

箱にはさまざまなサイズのチップが同梱されていて、素晴らしい密閉性を生み出すフランジチップも入っている。軽くて快適なので、一日中つけていても問題ない。

ケーブルは太くて巻き取りも簡単である。イヤフォンを丸めてお尻のポケットに押し込み、会議の間中ずっと座っていても、あるいは飛行機に乗るときに丸めてカバンの中に投げ込んでも、ケーブルが絡まったり結ばれてしまったりすることは決してない。

コントローラー部分も大きく、操作しやすい。180ドルという価格は、これだけ上質なイヤフォンにしては上出来である。

TIRED

ケーブルが太いので、マイクロフォニックス・ノイズが多くなりやすい。せっかくのラフマニノフが摩擦による雑音で台無しにならないように、ケーブルクリップを使う必要があるだろう。

イヤーピースには亜鉛パーツも一部使用されているが、それ以外の大部分はプラスチックである。アクセサリー的なものを期待するなら、がっかりさせられるかもしれない。

財布のようなキャリングポーチは面白い。イヤフォンを巻き取って、それをふたつ折りになるポーチに滑り込ませる。しかしわたしは、しっかりと閉まるジッパー式のケースが欲しかった。

でも、これはすべて粗探し。音は素晴らしいのだ。

評価

9/10:ほぼ欠点なし。いますぐ購入を。