台湾、報道の自由度調査で日本と並ぶ44位=米人権団体

写真拡大

(ワシントン 1日 中央社)米人権団体「フリーダムハウス」が先月27日に発表した「2016年世界の報道の自由度」に関する報告書で、台湾は日本と並ぶ世界44位だったことが分かった。アジア太平洋地区では7位。

199カ国・地域を対象に調査。韓国は世界66位(アジア太平洋15位)。最下位は北朝鮮だった。

一方、中国大陸(アジア太平洋39位)と香港(同18位)の状況について、中国大陸の財政的、政治的圧力が香港がかつて有していた報道の自由を蝕んでいると指摘。特に2013年以降その傾向が顕著になっているとまとめている。

(廖漢原/編集:齊藤啓介)