日立オートモティブシステムズ(以下、日立オートモティブ)は、同社のカーボン製プロペラシャフトが、2016年内に販売予定の新型アルファロメオ・ジュリアに採用されたことを発表しました。

1

プロペラシャフトは、FR車でエンジンの動力をトランスミッションと差動装置を介して後輪に伝える駆動軸で、低燃費化や低エミッション化で軽量化が求められています。

アルファロメオの新型「ジュリア」に採用された日立オートモティブ製のプロペラシャフトは原材料にカーボンを使用しており、次のメリットがあります。

・従来の同社スチール製のものと比べて約40%軽く、車両の重量を約5kg削減できる
・正面からの衝突事故が発生した際に車両に生じる衝撃を同社従来製品比で最大約50%軽減し、優れた安全性を実現できる
・スチール製に必要となるセンターサポートを省いた新開発の構造を採用。車室内への騒音や振動の伝達経路を排除して車両内の静粛性が向上

高価な原料であるカーボンですが、軽量化や省燃費が求められる現代の車輌開発では欠かせない素材となっており、これからますます採用例が増えていくと予想されます。

(山内 博・画像:日立オートモティブシステムズ)

新型アルファロメオ・ジュリアに、日立オートモティブのカーボンプロペラシャフトが採用(http://clicccar.com/2016/05/01/369177/)