福嶋浩子がツアー初優勝で姉妹V達成(撮影:ALBA)

写真拡大

<サイバーエージェントレディス 最終日◇1日◇グランフィールズ カントリークラブ(6,562ヤード ・パー72)>
 国内女子ツアー『サイバーエージェントレディス』最終日は、トータル8アンダー・単独首位からスタートした福嶋浩子と、トータル2アンダーから3つ伸ばしたキム・ハヌル(韓国)が18ホールは終えて、トータル5アンダーで並び、プレーオフとなる。
【関連】最終日の熱戦の模様はライブフォトで!
 決着は1ホール目に。福嶋がパーで終えるとハヌルはボギーとなり、福嶋は38歳にしてツアー初優勝。この勝利で国内ツアー24勝の実績を誇る姉・福嶋晃子との国内女子ツアー初となる“姉妹V”達成となった。
 福嶋は優勝インタビューで「最高に嬉しい。まさかこんなところでプレーできて良かった。何度も挫折しましたが、10年前に復帰して…夢のようです。やっと姉の足跡が見えた」と喜びを語った。
 また3位はトータル4アンダーのイ・ボミ(韓国)、4位タイにはトータル3アンダーの笠りつ子、辻梨恵が入った。
【最終日順位】
1位:福嶋浩子(-5)※プレーオフ勝利
2位:キム・ハヌル(-5)
3位:イ・ボミ(-4)
4位T:笠りつ子(-3)
4位T:辻梨恵(-3)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【初日談話】首位発進の福嶋浩子「明日はまたゼロからのスタート」
【写真館】国内女子ツアー人気選手の特選写真をチェック!
【キム・ハヌルコラム】スイーツもキムチも納豆もよく食べます!でも一番好きなのは…
【ギアNAVI】アマチュアが選ぶ“本当に飛ぶ”ドライバーランキング