白石あさえの目指せコースデビュー! 連載●第5回 
〜カリスマコーチ内藤雄士がビギナーのために特別レッスン〜

内藤雄士コーチ:以下内藤 グリップとアドレスが完成したら、次はクラブを振る動作に入っていきましょう。

白石あさえ:以下白石 やっとクラブが振れるんですね。なんだかドキドキします。

内藤 まず覚えて欲しいのがトップ位置です。理想のトップの形を覚えて、そこに向かってクラブを上げることを意識してください。

白井 理想のトップ位置って?

内藤ゴルフのスイングは一連の動きの中で成り立っているものなので、トップ位置もあくまでも通過点になります。ただ、このように上げれば正しい形になるということを頭でわかっていれば、より上達スピードは早くなります。要するに、言いたいのは見た目にきれいなスイングを目指して欲しいということなんです。第1回のレッスンで言いましたが、見た目がきれいなスイングというのは、それだけ正しくクラブが振れているということになりますから。

白石 なるほど。きれいなスイングは憧れます! 内藤コーチ、理想のトップの作り方を教えてください。

内藤 まず右手一本でクラブを持ち、アドレスしてみてください。そこから右の肩の高さくらいまで右手がくるようにクラブを上げてみてください。

 次に肩をしっかりと回して、右手の位置に左手を合わせます。これがトップ位置のイメージになります。実際のスイングは、クラブの遠心力が働くので、この位置よりも、高く大きく上がることになります。先ほども説明したように、スイングは一連の動きで成り立っています。だから、ゴルフ雑誌やテレビなどでプロのスイングを見て、そのトップ位置だけをまねてもダメなのです。彼らの頭の中のトップ位置は右肩の高さくらいなのです。実際のスイングのトップ位置は結果論なのです。

白石 右手に左手を合わせるのって、実際やってみると結構きついんですね。

内藤 その通り。ゴルフのスイングは、肩を回したり、上半身を捻転させたり、どこかを我慢させていなければならない部分があるので、最初のうちは特に体がきついと思います。左手を右手に合わせる時に、頭が右に動きすぎないように注意してください。

白石 クラブを上げることがこんなにきついものだとは思いませんでした。意識しているのに頭が動いてしまうのが課題ですね。きれいなスイングができるように、しっかり理想的なトップの形を覚えたいと思います!

●正しいトップの作り方

1.正しいトップ位置は3段階で覚えましょう。まず、正しいアドレスを作り、右手だけでクラブを持つ。

2.クラブを右肩と同じ高さまで上げる。

3.肩をしっかり回して、右手の位置に左手を合わせると理想のトップ位置が完成する。

 右肩がアゴの下にくるようにしっかり捻転することを意識。内藤コーチと比較すると、白石さんの肩の捻転が浅いことがわかる。ただ、これは思った以上にハードな動作。

 肩を回そうとすると頭も一緒に右側に動いてしまうのが白石さんの修正ポイント(写真上)。初心者の人は大抵そうなるので、強く意識して。自宅や練習場の鏡を見ながら、頭が動かないか、チェックするといい。

(内藤雄士プロフィール)
ないとう・ゆうじ●1969年生まれ。東京都出身。日本大学ゴルフ部出身。ゴルフ部在籍中に渡米し、アメリカの最新理論を習得。1998年にプロゴルファーを教えるツアープロコーチとして活動を開始。日本にツアープロコーチという概念を持ち込んだパイオニア的存在で、丸山茂樹の米ツアーでの活躍の立役者となった。その後も多くのプロのサポートを行なう傍ら、ジュニアゴルファーの育成にも積極的に取り組み、日本ゴルフ界の根本的レベルの底上げに尽力している。ゴルフを中心としたメディアでのレッスンのほか、ゴルフネットワークでのトーナメント解説など、活躍の場は多岐にわたっている。

(白石あさえプロフィール)
しらいし・あさえ●1991年生まれ。千葉県出身。昨年念願だったグラビアデビューを果たし、2016年1月発売の週刊プレイボーイ6号で披露したパーフェクトボディが注目を集める。学生時代はバスケットボールをしていたというスポーツウーマンで、普通免許のほかに大型自動二輪免許も持っている。華奢な見た目からは想像がつかないアクティブな一面を持つ彼女だが、ゴルフはクラブを触ったことがある程度という全くの初心者。「ゴルフはやってみたいと前々から思っていました。今回の企画を通して、コースデビューすることが楽しみです」。身長:164cm B:94 W:60 H:88 血液型:A型

出島正登●取材・文 text by Ideshima Masato