甘党向けと辛党向けの2商品が登場

写真拡大

エースコックは2016年4月11日、「CoCo壱番屋監修 甘口派に捧げる とろ甘カレーうどん」を発売した。

カレー専門店「カレーハウス CoCo壱番屋」が監修した新商品。カレーうどんにあま〜いソースをかけて好きな甘さに仕上げるという、なかなか攻めた一品だ。

メープルシロップっぽい「とろ甘ソース」

ポークとビーフの旨みがきいた甘口のカレーベースに、いりこを加えた和風のカレースープのうどん。りんごとはちみつの旨みが詰まった、別添の「とろ甘ソース」で好きな甘さに調節できる。

カレーうどんを甘いソースで仕上げる...どんな味になるのか気になるが、やはり興味をひかれた人は多いよう。ツイッターでは、「食べてみた」感想が相次いで寄せられている。

「中身はたぶんメープルシロップ?だと思います 一応すべて入れましたがメープルの独特な匂いが消えて甘味だけ出て美味しかったです!子供用の甘いカレーに少しスパイスが効いた感じでした!」

と、美味しく食べられたという人がいる一方、

「インスタントのココイチとろ甘カレーうどんのとろ甘ソース全部入れて食べたけど、とんでもなかった...カレーのスパイスの風味が全部飛ぶw例えるならメープルシロップにうどんをつけて食べてる、ほんとそんな感じw」

と、違和感を禁じ得なかった、という人もいるようだ。

「とろ甘ソース入れなきゃそれなりにスパイスの効いたカレーうどんじゃないかこれ。(美味しい)」

との声もあり、興味はあるけど口に合わなかったらイヤ...という人は、最初はソースを追加せずに食べてみて、十分に味わったところでソースをちょっと追加して味の変化を楽しんでみる、という食べ方がいいかも。

なお、辛党向けに「CoCo壱番屋監修 辛口派に捧げる とび辛カレーラーメン」も同時発売している。こちらは「ココイチ」でおなじみの「とび辛スパイス」を加えることで好みの辛さに調節できるというものだが、

「思ってたより美味しかったけどそこまで辛くはなかった」
「これ辛味のスパイスを全部入れてもお店の1辛のカレーより辛くないように感じるぞ」

と、「辛口派」にはちょっと物足りない辛さのようだ。

希望小売価格はいずれも200円(税抜)。