「YouTuber」を目指す子どもたちが増加 「憧れの職業」の実態

ざっくり言うと

  • 大阪府内のある小学校が「4年生男子の将来の夢」を調査した
  • 3位は「YouTuber」となったが、テレビでは通用しないと雑誌編集者は指摘
  • 年収1億円超との説もあるが、脱サラしたら収入が激減した例もあるという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング