やせたいと思っている人は牛肉より豚肉を選ぶこと!

写真拡大

豚肉には脂身が多いイメージがありますが、実はダイエットに効果的な成分が含まれているのです。しかも、美肌や生活習慣病予防に効く成分も入っている豚肉の優秀ポイントをチェックしてみましょう。

■美肌には牛肉より豚肉!

豚肉にはビタミンB1がたっぷり含まれています。特に豚もも肉は100gあたり1.01mg。これは、成人女子が1日に摂るべきビタミンB1量に近い(1.1mg)量になっています。牛肉や鶏肉と比較してみると、牛肉(はつ)で0.42mg、鶏肉(レバー)で0.38mgです。豚ロース、豚肩ロース、豚ひき肉、豚ばら肉は、牛肉(はつ)以上のビタミンB1含有量と、いかに豚肉の栄養価がすぐれているかがわかります。


■ 疲労回復にも豚肉!

ビタミンB1は、糖質をエネルギーに換えるのをサポートし、心身を元気に保つはたらきがあります。皮膚や粘膜を健やかに保つので美肌にも効果的。肌荒れや口内炎ができやすいという人はぜひ豚肉を食べてください。疲労回復効果もあるので、仕事が忙しい人はぜひ豚肉を摂ってもらいたいですね。

■ コレステロール値を下げる豚肉

豚肉というと脂身が多く、食べると太りそうなイメージがありますね。実は豚肉には、ポークペプチドが含まれていて、コレステロール値を下げるはたらきがあるのです。ペプチドはアミノ酸がたくさん結合したもの。アルコールを分解して、血栓ができにくくする効果もあります。さらにうれしいことには、豚肉が脂肪燃焼効果があるカルニチンも含有。ダイエット中の人もお肉を我慢しなくても大丈夫なのです。とはいえ、食べ過ぎると中性脂肪が増えて、コレステロールも増えることになるので、脂身が少ない部位を選んで、豚肉を食べるのは1日100g程度にとどめましょう。

■ 豚肉で美と健康を!

ステーキというと牛肉だった人は、これからはトンテキ! 豚肉食卓に積極的に取り入れて、美と健康を手に入れましょう。

(著:nanapiユーザー・カラダにキク「サプリ」 編集:nanapi編集部)