クラリオンが誇る車載用フルデジタルサウンドシステム。その高音質はもちろん、純正ナビや他社製センターユニットなどにも対応する汎用性の高さも魅力ですが、カーナビとセットで楽しみたいというニーズも高いはず。

1

6月上旬から順次発表される2016年モデルのクラリオンのAVナビゲーションは、200mm幅のコンソールにジャストフィットするスーパーワイド7.7型AVナビゲーション「MAX776W」(フルデジタルサウンドシステム対応モデル)を筆頭に、「MAX676W」、3D Viewマップのリアルポリゴン表示など先進機能を搭載するワイド7型AVナビゲーション「NX716」、「NX616」の計4機種(いずれもオープン価 格)を用意。

市場予想価格は「MAX776W」が13万円前後、「MAX676W」と「NX716」が同11万円前後、「NX616」は同10万円前後となっています。

最大の注目は、車載用「フルデジタルサウンドシステム」との接続で完全なデジタルサウンド再生を実現する国内唯一のAVナビゲーションであり、デジタルコアキシャル出力端子を装備する「MAX776W」でしょう。

4月に発売されたばかりの車載用フルデジタルサウンドシステムの新製品「Z3」(サウンド プロセッサー/コマンダー/ツィーター、12万5000円)と「Z7」(フルデジタルスピーカー2本一組、希望小売価格、8万7000円)や、「Z25W」(フルデジタルサブウーファー、7万3000円)との接続が可能(いずれも税別)。

「MAX776W」からの音源もデジタル信号のままスピーカーへダイレクトに入力してボイスコイルを駆動する「Digital to Digital」再生を実現し、伝送や変換などのロスが発生しないピュアでハイレスポンスな「フルデジタルサウンド」を楽しめるのが魅力です。

ほかにも、「Intelligent VOICE(インテリジェントボイス)」の起動、応答速度向上も注目で、同社独自のクラウド型音声認識サービス機能の起動、応答速度等を大幅に向上(検索時、従来比約40%改善)されているほか、 Googleの音声認識技術を活用し、Googleローカル検索にて豊富かつ新鮮な情報の中から音声操作により必要な情報を入手可能。

また、「目的地検索」や「ルート条件変更」はもちろん、「電話発信」「メール(Googleのアカウントでログインが必要)/メッセージ送信(Androiスマートフォンのみ)」、「楽曲検索・再生」も音声での操作ができます。

「MAX776W」、「NX716」(Androidスマートフォンの対応機種のみ)では、Miracast対応のスマートフォンをワイヤレス接続してスマートフォンの動画や音楽をカーナビ本体でも楽しめるほか、「3D Viewマップ」の搭載やETC2.0対応、ワイドFM(FM補完放送)放送局名表示など多彩な機能が用意されています。

メーカー情報:車載用「フルデジタルサウンドシステム」とのデジタル接続に対応したAVナビゲーション「MAX776W」を発売

(塚田勝弘)

【関連記事】

■車載用フルデジタルサウンドシステムとデジタル接続が可能なクラリオン製ナビ「MAX776W」が登場
http://clicccar.com/2016/04/23/367580/

車載用フルデジタルサウンドシステムとデジタル接続が可能なクラリオン製ナビ「MAX776W」登場(http://clicccar.com/2016/05/01/369200/)