えっ…タバコ5本分の健康害が!? 「慢性的ストレス」の効果的な解消法6つ

写真拡大

あなたは自分が健康だと思いますか? 「タバコも吸わないしお酒も飲まないから、自分は健康なはず!」と自身満々な人もいるかもしれませんね。

しかし、なんと“タバコ5本”を吸うのと同じ程度に、健康に危険をおよぼす身近な要素があるというのです。米コロンビア大学の医学研究者によると、それはズバリ“慢性的ストレス”!

人間にストレスはつきもの。特に仕事と子育てを両立する女性たちのストレスは大変なものだと思いますが、あなたはどうですか?

そこで今回は、そんなストレスを効果的に解消できる方法を、『WooRis』の過去記事や、海外の健康・環境情報サイト『Rodale Wellness』の記事を参考にご紹介しましょう!

 

■1:笑う

ストレスが溜まると、なんだか顔の表情まで固くなり、ムスッとしてしまうことがありますよね。でも、そんなときこそ必要なのが“笑い”なのです! 面白いテレビ番組やコメディー映画を観た後は、心がスッキリすると思いませんか?

また、笑うことは心臓の健康にもいいそうで、エクササイズと同じような効果を持つそうです! 心身の健康のためにも、もっと笑いましょう!

 

■2:マッサージを受ける

日頃働きすぎて「肩や腰が痛くて……」という人なら、「マッサージを受けて、全身を揉み解してもらいたい!」と強く思いますよね。

でも、「マッサージなんて贅沢だわよね!」なんて諦めていませんか? 医師によると、マッサージの施術を受けることで、ストレスホルモン“コルチゾール”の量がなんと31%も減少するというのです!

普段頑張りすぎて、ストレスが溜まっているあなたなら、1ヶ月に1度くらい自分にスパでのマッサージをプレゼントしてもいいはず。ちょっとくらいの出費は健康に対する投資だと考えて、たまには自分にご褒美をあげてくださいね!

 

■3:昼寝する

誰にでも、やけにイライラしてストレスが溜まる日、というものが存在します。そんなときは、もしかしたら疲れていたり、寝不足だったりするのかもしれませんね。

医師によると、日頃のストレス解消には“昼寝”が大きな効果を持つそうです! 寝不足で頭がどよ〜んとしたり、エネルギーが足りなかったりするときも、ほんの20〜30分程度昼寝できれば、その後はなんだか人が変わったようにスッキリしますよね。

また、ギリシャで行われた研究によると、週3回30分以上昼寝をする人は、しない人よりも心疾患で死亡する確率が37%も下がるそうなのです!

疲れているときは、遠慮せずに昼寝をしてみましょう。

 

■4:緑茶を飲む

過去記事「もっと飲むべき!世界で注目を浴びる“緑茶”の健康・美容効果5つ」でお伝えしましたが、緑茶に含まれる物質“テアニン”には、気持ちを落ち着ける効果があるそうです。

どうりで、疲れたときやイライラしたとき、熱い緑茶を飲むとほっとしますよね。なお、テアニンには鎮静効果があるそうですので、「なんだかソワソワして、集中力に欠ける」というときなどにも飲んでみると効果がありそうですね!

 

■5:歌を歌う

過去記事「たった30分で!ストレスを“アっという間に解消する”カンタンな秘訣5つ」でお伝えしたとおり、米ロサンゼルスの脳神経学科医によると、歌を歌うことでストレスホルモン“コルチゾール”値が下がるそうです!

「なんか最近、ストレスが溜まっているみたい……」という方は、お友達や夫とたまにはカラオケに出かけてみてはいかがでしょうか?

「人前で歌うのは恥ずかしい……」という場合は、お風呂やシャワーの中で歌ってみるのも手です!

 

■6:体を動かす

「最近、ストレスが溜まってどうしようもない」という方、もしかしたら運動不足ではありませんか?

エクササイズをすると血液の循環がよくなったり、体が締まったりと利点がたくさんありますが、そんな利点の1つに“エンドルフィン”など快楽ホルモンが脳内に分泌されることも含まれます。

エクササイズをすると心まで軽くなるのはそのためなんですね! ストレスが溜まっているときはウォーキングやジョギングなどを毎日の生活習慣に取り入れてみましょう。

きちんとしたエクササイズではなくても、ただ体を動かすだけでもだいぶ気持ちがスッキリしますよ!

 

以上、タバコ5本を吸うのと同等に健康に悪い“ストレス”の解消法をお伝えしましたが、あなたはいかがでしょうか?

仕事や子育てに打ち込むことは素晴らしいことですが、頑張りすぎたせいでストレスを溜めてしまい、病気になっては元も子もありません。

毎日を存分に楽しみながら暮らすためにも、上記のようなストレス解消法をぜひ取り入れてみてくださいね!

(ライター 相馬佳)

 

【関連記事】

※ 3位仕事、2位人間関係ではない「日常生活でのストレスの要因」1位は?

※ なぜか近畿・中国地方に集中!「ストレス指数が低い県」と解消法

※ 男性1位は仕事内容…では女性は?「男女40代のストレス」実態が判明

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 紫外線ケアだけじゃダメ!? 夏終わりの「肌年齢を左右する」原因は〇〇にあった

※ ダイエットをサボっている人必見!話題のジュースがスゴイ

※ あのガガ様も13kg減!? 結果にこだわる「低GIダイエット」成功の秘訣とは

 

【姉妹サイト】

※ ストレスや5月病に睡眠が効く!今夜からスグできる「睡眠改善」のコツ

※ 「スマホたるみ女子」が激増!スマホでほうれい線が深くなるワケとは

 

【参考】

※ 16 Heart-Healthy Indulgences -Rodale Wellness

 

【画像】

※ KieferPix / Shutterstock