JR成田線の運転士 運転中に眠気を感じハンドルから手を離して運転

ざっくり言うと

  • 4月28日、JR成田線の運転士がハンドルから手を離していたことが分かった
  • 眠気を感じ、スピードを調整するハンドルから手を離して運転していたという
  • 乗客が運転士の様子に気付き、別の駅の駅員に知らせ発覚した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング