7割以上の人が格安スマホを「利用していない」と回答する一方で、格安スマホ利用者の満足度は高いようだ。

 マイボイスコム株式会社は、低価格のスマートフォンと格安SIMカードがセットになった「格安スマホ」に関するインターネット調査を実施し、その結果を4月19日に発表した。調査は3月1日から5日にかけて実施され、1万997件の回答を得た。

 発表によると、格安スマホを利用している人は20.9%。利用状況は「スマホの端末と格安SIMカードのセット販売」が8.2%、「格安SIMを購入して、所有するスマホを利用」が4.4%、「格安SIMカードと、SIMフリーのスマホを新しく購入」が4.0%、「格安SIMカードと、中古のスマホを購入」が1.8%、「その他」が2.5%だった。

 格安スマホの利用者に満足している点を複数回答で聞いたところ、「月額利用料金」が62.9%で最も多かった。以下は「データ通信容量」(30.9%)、「通信速度の速さ」(22.1%)、「通信の安定性」(18.5%)、「端末の価格」(16.9%)などとなった。

 また、格安スマホの利用意向を調べると、39.0%の人が「利用したくない」と回答。その理由を複数回答で聞くと、「興味がない」(21.1%)、「メールアドレスを変えたくない」(20.4%)、「本当に価格が安くなるかわからない」(20.2%)、「現在利用しているもので満足」(18.9%)などが上位にランクインした。格安スマホを利用したくないと考える人は一定数存在するものの、格安スマホ利用者の満足は全体的に高いようだ。

 一方、ソフトブレーン・フィールド株式会社は3月19日に、既婚女性2,472名を対象にスマホに関するアンケートを実施し、その結果を4月13日に発表した。

 まず、主婦が所有する携帯電話について聞いたところ「スマホ」は56.8%で、「フィーチャーフォン」が38.5%、「持っていない」が4.7%となった。そこで、スマホ所有者を対象に月々の通信費を調べたところ、「6,001円〜8,000円」が36.2%で最も多く、「4,001円〜6,000円」の19.6%、「8,001円〜1万円」の18.2%が続いた。しかし、4,000円以下に抑えている主婦が15%(「2,000円以下」4.7%、「2,001円〜4,000円」10.3%)おり、格安スマホを利用して通信費を抑える堅実な主婦もいるようだった。

 格安スマホの利用をためらう人が多く存在する中、すでに格安スマホを利用している人の満足度は高めで、主婦など女性の利用者も着実に増えているようだ。

サイトウ イサム[著]、加藤 秀行[著]