サウンドのヴィジョン:Sound & City 2日目レポート #soundandcity

写真拡大

4月28日、29日の2日間にわたって開催された「Sound & City」が、フィナーレを迎えた。トークセッションあり、ライヴパフォーマンスあり、参加型の音楽ワークショップもありでフィナーレを迎えた2日目の様子を、ギャラリーとともに振り返る。

SLIDE SHOW 「サウンドのヴィジョン:Sound & City 2日目レポート #soundandcity」の写真・リンク付きの記事はこちら
mg_0945

2/21和田は、ブラウン管のテレビをパーカッションのように使ったパフォーマンスを披露。

mg_0985

3/21「エレクトロ二コス・ファンタスティコス!」には、アークヒルズのカラヤン広場に集まった観衆が参加。

mg_4381

4/21「ボーダーシャツァイザー」は、来場者が着ていたボーダーシャツのボーダーを音に変換。

mg_4428

5/21参加型のパフォーマンスの最後には、観衆全員がつないだ手を「通電」させ、皆で音楽を奏でた。

mg_4424

6/21和田と彼の仲間たち「ニコス・ラボ」、そして観衆が1つになった。

mg_0923

7/21メインステージでは、tofubeatsも登場。

mg_0911

8/21tofubeatsは、この日のためだけの特別なアンビエント・セッションを披露。

mg_0801

9/21Rhizomatiksの齊藤精一、ゲームクリエイター水口哲也が登壇。会期中に特別設営された「Rez Infinite」のVR体験には、多くの人が整理券を求めて列をつくった。

mg_0812

10/21「VC」トークセッションでは、C Channel代表取締役の森川亮をスピーカーに迎え、モデレーターを務めたB Dash Ventures代表取締役社長の渡辺洋行がトークセッションを行った。

mg_4137

11/21サウンドデザイナー森永泰弘とホンダのユニカブによるAR体験「Trading Garden」は会場でも人気を集めたインタラクティヴコンテンツの1つ。

mg_4159

12/21TechShop Tokyoが「Sound & City」のために開発したオリジナルのラジオ組み立てキット「ラジオ・ビュッフェ」の様子。

mg_4252

13/21「ラジオ・ビュッフェ」では、さながらビュッフェを楽しむようにパーツから組み立てて、ものづくりの楽しさを体験するワークショップを開催。

mg_4150

14/21完成したラジオ。

mg_4161

15/21英国のアーティスト、ルーク・ジェラムの作品「Play Me, I'm Yours」。ピアノに独創的なペイントを施したのはペインター/デザイナーのNOVOL。

mg_4123

16/21会場を行く大人も子どもも、ついついピアノに触れ、音楽を奏で出す。

mg_4181

17/21スズキユウリの「ガーデン・オブ・ルッソロ」。イタリア未来派の画家・作曲家、ルイジ・ルッソロへのオマージュとなるサウンドインスタレーション。

mg_4189

18/21ブックトラックでは、『WIRED』のバックナンバーも販売された。

mg_4545

19/212日間の「Sound & City」を締めくくったのは、Hifanaによるパフォーマンス。

mg_4557

20/21観衆を巻き込んだ参加型の音楽パフォーマンスに、会場を訪れた皆のボルテージも上がる。

mg_4436

21/21アフターパーティではDJ Uppercutが会場を盛り上げた。

Prev Next

「アジアをまわっていると気づくのは『音楽』っていう概念がないということなんです」。アジア各地でフィールドレコーディングを手がけるサウンドデザイナー森永泰弘のそんな言葉で「Sound & City」の2日目の「カンファレンスセッション」は幕を開けた。

音楽というものが暮らしの一部として遍在している場所にあっては、そこから外科的に取り出せるような「音楽」はない、ということなのだろう。厳密にその代わりに、というわけではないのかもしれないけれど「マントラ」という言葉が頻繁に使われると森永は言う。どういう意味で、彼らがそれを使っているのかはよくわからない、と森永は語る。

巨大なカニの足が5本、地面から塔のようにそびえ立ち、そしてその5本のうちの中心となる1本の「腹部」にブラウン管のテレビが埋め込まれている。それはインドネシアの神鳥「ガルーダ」にちなんだ名前をもっていて、その周りを人がぐるぐるまわりながら踊っている──。小学校から抱き続けてきたそんな妄想=ヴィジョンが、奇才・和田永を参加型古家電合奏プロジェクト「エレクトロ二コス・ファンタスティコス!」に駆り立てている。このプロジェクトは電子の神様を祝福する「奇祭」を目指しているのだ、と和田はトークセッションのなかで教えてくれた。そして、夜。古くなった家電を楽器として蘇らせ演奏をするというこのパフォーマンスはアーク・カラヤン広場に集った人びとを、たしかに「奇祭」へと誘った。

ブラウン管テレビや、黒電話、換気扇といった家電が奏でる、えも言われぬサウンドは「音楽になる前」の音として、ぼくらの知らなかった情動を煽動する。何がそんなに気持ちいいのかはわからない。けれども、そこには何やら根源的な快楽がある。打ち捨てられた家電は、このとき秘儀を執りおこなうための道具となる。

SLIDE SHOW mg_4237

1/8ESP、Vestaxを創業した「クリエイティヴ・アントレプレナー」、椎野秀聰が登場したカンファレンスセッション。30年にわたる椎野の挑戦に聴衆は聴き入った。

mg_0846

2/8椎野は3Dプリンターを使ったギター制作など、いまも続けている自身の試みを存分に語ってくれた。

mg_0858

3/8トークセッションには、音楽エージェントとして70年代中頃より活動してきた永田純も登壇。

mg_4260

4/8セッション後、会場を訪れていたtofubeatsと歓談する椎野。

mg_0747

5/8初日に続き行われたトークセッション2日目。サウンドデザイナーの森永泰弘が「音の源」について語った。

mg_4169

6/8写真左から:和田永、清宮陵一(Vinyl Soyuz、Topping East)、細谷誠(日本大学芸術学部准教授)、太刀川瑛弼(Nosigner)。

mg_0882

7/8人工知能にも関心があるというagraph。トークの内容は、シンギュラリティにも及んだ。

mg_0884

8/8agraphとともに、「Sound & Recording Magazine」編集長の篠崎賢太郎も登壇した。

Prev Next

電子音楽家のagraphは、リュック・フェラーリの作品「Presque Rien」を引き合いに出しながら「音場」というものについて語ってくれた。「音楽」における「音場」はふつうはひとつだが、例えばそれが複数同時に存在したり、織り重なっているような、多層性をもった「場」をつくることができないか。それが最新作『The Shader』のモチーフとなっている。

ここでのagraphの興味の焦点は、メロディやリズムや和声という音楽の「構造」ではなく、むしろ音の「テクスチャー」にある。テクスチャーは、ぼくらが音を感知する際に感知している内容の大きな部分を占める。にもかかわらず、人は、その「テクスチャー」を説明することも、記述することもできない。音は、いまなおというか、いまだからこそなおさら、大きな謎としてぼくらに迫ってくる。

「サウンド」が「サウンド」としてのむき出しの姿をあらわにするためには「音楽」という枠組みは、ときに邪魔になる。だからこそ、その枠組みを突破するために、ある者はアジアの奥地へと出向き、ある者は絶滅に瀕した電化製品をハックし、ある者は5年にもわたって執拗に「音場」についての実験を重ねるのだろう。時代は「音楽」の向こうに見える風景=ヴィジョンを、確実に探しはじめている。

1960年代後半から2000年初頭まで、日本において楽器製作の最前線を走ってきた起業家・椎野秀聰も、言わば同じように「サウンド」というものに魅せられてきたクリエイターだった。和田永のプロジェクトにことさらシンパシーを寄せていた楽器・オーディオ業界の重鎮は、常に最新のエンジニアリングと職人の手わざをもって、未知なるサウンドの可能性を開拓してきた。トークセッションの最後で、3Dプリンターで作られたギターのプロトタイプの画像を披露してくれた椎野は、それが未知のサウンドを生み出すからこそそれを面白がる。和田のつくり上げた楽器群のフェティッシュな姿は、どこかで椎野のつくった楽器のそれにどこかで通じ、「音を生み出す道具」というものがもつ何やら根源的な魔力をともに宿している。

サウンドというものの不思議に果敢に取り組むアーティスト/クリエイターたちは、おそらくすべてが、この社会においては異色の存在であり、同時に魅力に満ちた存在だ。サウンドというものの不思議と向き合うことは「見えない世界」と対峙することだ。「見えない世界」には、いまなお大いなる謎と、大いなる可能性とが、まだおそらく眠っていることを彼らは勇気をもって明かしてくれる。「見えるもの」しかおおむね信じない世界に対する、それはなんと果敢な反撃だろう。

和田永のほか、リズムやメロディの断片を浮かべてはかき消すような不可思議なtofubeatのアンビエントセッションも、映像と音をシンクロさせて遊ぶHifanaの参加型ライヴパフォーマンスも、新しい音の風景を現出させる、それぞれにおいてユニークな試みだった。

「Sound & City」の2日間は、こうした「音のヴィジョナリーたち」のヴィジョンに遭遇し、それを体験し、共有する場となったわけだが、にしても、「サウンドのヴィジョン」とは、なんとも腹落ちしない、いかにも奇妙な言葉だ。

tofubeatsは、当日のセッション動画をYouTubeにUPしてくれた。

INFORMATION

2016/4/28・29開催:「SOUND & CITY」

未来のTOKYOを「音」というテーマを通して体感する複合イヴェント「SOUND & CITY」。『WIRED』日本版とRizomatiks、そしてTechShop Tokyoのプロデュースで、2016年4月28(木)〜29(金)にアークヒルズで開催。tofubeats、和田永などのアーティストとともに、BeatsのプレジデントやVESTAXの創業者らが登場する新しいタイプの複合イヴェント。イヴェントの内容および当日の盛り上がりをお伝えするレポートについては、こちらより