あと1〜2ヵ月すると、梅雨やゲリラ豪雨と言った雨が降る日が多くなったり、大雨になる時期が近付きます。その前にワイパーのチェックをしてみてはいかがでしょうか?

ワイパーのゴムが劣化すると、ワイパーを動かしても窓に水が残ってしまって見えにくくなってしまいます。これでは雨の日に安全に走ることが難しいですよね。

1

■ワイパーってどこで売ってるの?

ワイパーはカー用品店でも取り扱いしています。これなら気軽に買いに行けますね。

ホームセンターでも販売していますが、置いてある適合表で自分の車に合う品番を調べて…なんていう必要はありません。分からないことがあれば店員さんが対応してくれます。

ワイパーには替えゴムのタイプとブレードごと交換するタイプの2種類ありますが、ブレードごと交換するタイプがおススメです。実はブレードも消耗品で、劣化するといくらゴムが新品でも拭き残しが出てしまいます。

今ではネットでも入手可能ですので、忙しい人はネットで注文する手もアリですね

ワイパーが手に入ったら早速交換してみましょう。手順を確認すれば、簡単に交換できますよ♪

1.ワイパーを持ち上げる

2.ブレードの中央部分のロックを押して解除する

※ロックの解除方法が異なる車種もあります。詳しくはマニュアルを参照してください。

3.ロックが解除できたら下におろす

このように、ワイパーブレードは簡単に外せます。新しいブレードを取り付ける時は逆の手順で取り付けてワイパーを元の位置に戻せば終了です。

ちなみに、ワイパーのゴムには摩擦低減の為に炭素がコーティングされていて、素手で触ると手が汚くなるので汚れても大丈夫な手袋をはめて作業するのがベストでしょう。

これで雨の日のドライブもバッチリですね!

(多井 駆)

梅雨に入る前にメンテナンス。誰でもできるワイパー交換!(http://clicccar.com/2016/04/30/367476/)